積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

ヴァルハラナイツ3 その1

 5/23発売のPS Vitaソフト VALHALLA KNIGHTS3を急遽購入しました。
 なぜかというと、このゲームはかなり肌色が多いらしいから(笑) 理由はそれだけです。

 ちなみにヴァルハラナイツ2は友人が購入してプレイしているところを見たことあります。
 最初の城下町?みたいなダンジョンで、回復の泉みたいな場所を見つけて「ここ拠点で稼ぎプレイするぜ」って言ってたら回復の泉は使えるのが一回こっきりだった。
 鑑定アイテムを手に入れても鑑定料が払えず、回復アイテムもなく、友人は速攻で投げてた。
 見てるだけでマゾゲーの印象が強かったです。2は。



 3の話に戻りますが、購入したショップでは「もっと脱がせたいギリギリ限界ビキニアーマー」のDLCコードがオマケでついてきた。
 これコード入力しても、なぜかダウンロード始まらず。
 購入履歴とかにはたしかに表示されてるのにダウンロードできず、30分くらいはまった。
 この特典装備は、コード入力成功してればデータのダウンロードは無しで、そのまま闘技場の受付で受け取れるものでした。
 PSストアのコンテンツって、必ずファイルのダウンロードがあると思い込んでました。
 追加コンテンツの「おっぱいサイズ変更」と「追加クエスト」はファイルのダウンロードがあります。ややこしい。

 そのビキニアーマーがあるわけで、主人公は女キャラにしました。

 高貴なる妖精族の暗黒司祭らんこ・かんざき降臨。…まあ、エルフのプリーストってことです。
 通称「やみのま」 仲間からはもっぱら「やみのま」と呼ばれます。
 ビキニアーマーエロス!


 で、プレイ開始。
 Vitaなのでこんなエラーがでちゃったり^^;

 プレイ1時間ちょいでフリーズも一回。レベルアップ後のパラメータ振り分けの画面で。
 幸い、かなり自由にセーブできるのでこまめなセーブ重要。敵ボスとか強いので。
 上下のカメラがデフォルトでリバース(レバー上でカメラ下、レバー下でカメラ上)なのでコンフィグ変更。
 音声はほぼなし。話しかけると「おぅ」とか「おつかれさま」とかそういう一言は発するけどフルボイスではありません。



 最初、すごい戸惑ったのは繁華街で買い物ができないってこと。
 どうやら繁華街の施設を利用するには、まず女の子キャラに「指名料」を支払ってからショップの画面に進める…らしい。
 たしかに繁華街のショップやギルドは露出度高いおねーさんがたくさんいるが…。
 でもそういうのって、専用のキャバクラ的なお店だけでいいと思うんだけど。武器屋とかギルドでもそんなん…。
 金無いので、最下層のほうのショップを利用。
 最下層は汚いので指名料とかそういうのはなしでショップの画面を利用できます。

 戦闘に関しては基本○ボタンで殴って△でガード、もしくはパリィ。
 ×ボタンがダッシュでダッシュ中タイミングよく○ボタンでダッシュ攻撃。ただし、ダッシュ終わると一定の硬直時間が発生するので、使いにくい。フィールドなら普通に走ったほうが早いかも。
 スタートボタンで操作キャラ切り替え。操作キャラの切り替えけっこう重要になりそう。
 十字ボタンで挑発や仲間への指示。
 L+十字ボタンでスキル発動。



 微妙な点を挙げてみます。

 ロードが頻繁に入るうえに長め。
 店の出入り、エリア移動、イベント画面への切り替え…ロード入ることが多いのですが、1回10〜12秒くらいかかってる。
 さすがに長いと言わざるを得ない。

 キャラクタークリエイトのパーツは少なめ。

 キャラクターが瞬きしない。地味に気になる。
 露出高い女の子多くてうれしいのですが、グラフィック微妙。
 おっぱい大きくしても、ほとんど揺れません。

 まだスキルも少ないのでなんとも言えないのですが、戦闘システムも微妙。
 ネプテューヌなんかの戦闘と比べると微妙。コンパイルハートとマーベラスでずいぶん差がついたな、という印象。

 戦闘バランスも微妙。
 序盤で雑魚に混じって両手剣もちのごっつい敵が出てくる。まあ、これは逃げればいいだけなんですが。
 最初のストーリーのボスキャラが「さあ、死ぬがよい」って感じ。
 質も数も相手が上なんできっつい。レベルあげと装備集め必須だと思う。最初のボスでこれはなぁ。



 ヴァルハラナイツ2があれだったので、予想はしていたのですが予想通りの難易度でした。
 ビキニアーマーで肌色を堪能したのでまあいいのですけど。これクリアまでやれるのかなぁ…。