積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

ヒットマン アブソリューション(Xbox360版) 殺戮プレイ感想

 HITMAN ABSOLUTIONXbox360版)難易度ノーマルでクリアしました。
 いつもはゲームの楽しめた度合いを100点満点で何点ってつけるんですが、今回は採点不能です。
 このゲームの本来の趣旨とはかけ離れたプレイをしてしまい、2周目をプレイする気も起きないので、ゲームの開発者が力を入れて作ったであろう部分をちゃんとやってないのです。
 そのため、採点不能です。
 ※ヒットマン感想1回目2013/1/24 2回目2013/1/27
 追記。書き忘れてたけど、クリア後のスタッフロールは延々とループした。クリア後にムービーはさむゲームもあるから待ってたけど30分以上続いたんでスキップした。こんなの初めて見たよ。どんだけ製作者の主張激しいの?wwwwwwww


 完全に殺戮プレイです。どうしても隠れないといけない場面(見つかると建物ごと爆破されたり)以外、ほとんど殺戮プレイです。

 この数字がものを言ってます。1227キル。
 シルバーポーラー取り戻すシーンも、射撃ゲームなんてスルーして殲滅です。
 キル数とかはリスタートとかの累計であって、さすがに全ステージ合わせても敵は1000人もいないはずです。1000人いないけど、敵の数はかなり多い…。
 まともにステルスで切り抜けたのは2度のチャイナタウンと電車に乗って逃げるシーン、上で書いた建物爆破シーンくらい。
 他のシーンは、あまりにも見つかるんで逆上して皆殺しにした。一人に見つかるとなし崩しにエリア内全部の敵に警戒されることも多かった。
 変装してても疑われて追いかけられてバレるパターン多し。用心深いプレイヤーはインスティンクトなんかを駆使し、敵の動きをじっくり観察してステルスで行けるんだろうけど。
 俺そこまで気が長くないんで、よく見つかる。
 ちょっと前にプレイしていたデウスエクス(スクエアエニクスのサイバーステルスゲーム)では、ここステルスで通り抜けるのは厳しいかな、ってシーンではその場で手動セーブできて見つかってもやり直しはきくんだけど。
 このヒットマンではチェックポイントが自力で見つけないといけないし、そもそもチェックポイント自体が無いシーンも多い。
 見つかる→やり直すならかなり前に戻される。なので途中から開き直って殺戮プレイに切り替えた。
 積みゲー多すぎの状態なので、リトライを繰り返して見つからずに凝った暗殺を楽しむほどの時間がないのです。
 前回にも書きましたが、ほんとに難しい。これが結論。



 戦闘のコツ。慣れると簡単。
 基本的に挟み撃ちにされない位置を見つけ出して、カバーして撃つ。
 敵は結構慎重で、近寄ってこないでカバー周りを延々と撃ってくるタイプがいるんですが、こいつらも簡単に釣り出せます。
 カバーからちょっと離れるとこいつら距離を詰めてくるのでそこを射殺。すばやくそいつらの武器を取るor弾丸の補充で、カバーに戻る。それを繰り返すだけで基本的に戦闘は勝てます。シーンによってはすべての敵を釣り出すことができます。
 難所はいくつかあるのですが、大抵そういう場面にはリモコン爆弾や対戦車地雷があるのでそれを駆使する。
 難易度ノーマルでは敵がグレネードや爆発物なんかを投げてくることはなかったので、カバーは安全。上の難易度は不明。



 
 以下ちょっとネタバレ。




 まさかのプロレス! リングの上では首折りも合法なのか。アメリカ怖い。

 久々に動画キャプチャしてみたけど、HD画質に比べるとひどすぎる。キャプチャソフトを変えたのも原因だけど。
 
 畑のシーンは見えにくいのをいいことに、次々と敵兵士をナイフでサイレントキル。
 このシーンの序盤はヒットマンがバスローブ着てて笑った。
 
 ラスト手前の3人の兵士。
 あいつらだけ、銃の威力が半端ない。一発で1/3くらい削られるので油断ならない。