読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

四女神オンライン 感想4

PS4 ロールプレイング コンパイルハート

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com

 四女神オンラインはついに第一部完。
 アルスガルドを守護する四女神降臨!
f:id:jikaseimiso:20170224013521j:plain
 そして黒幕、チーターとの戦いがついに終わった。



 女神復活という事で、四女神がプレイアブルキャラクターに追加。
 40レベルだとちょっと主力に比べて力不足かなあ。
f:id:jikaseimiso:20170224014120j:plain
 当然、女神は本人ではなくて、本人を模したAIキャラ。本人と女神のイベントなどもある。

 炸裂する必殺技!
f:id:jikaseimiso:20170224013532j:plain
f:id:jikaseimiso:20170224013541j:plain
f:id:jikaseimiso:20170224013557j:plain
f:id:jikaseimiso:20170224013610j:plain
 GMと黒幕のハッキングデュエルなど見どころ盛りだくさん。
f:id:jikaseimiso:20170224013747j:plain
 ハッキングデュエルはスゴ腕だけど、ゲームの腕前はヒドイGMたちの代わりにネプテューヌたちがチーターと戦うことに。
 黒幕の制御を離れて暴れまわるチーターとの最後の対決。
f:id:jikaseimiso:20170224013857j:plain
 チーターを止めるために、ワクチンプログラムと化したブーケちゃんが…。ああああ、ブーケちゃああああああああんん!!













 生きてた。
f:id:jikaseimiso:20170224013926j:plain
 良かった。





 チート行為をはたらいた黒猫姫たちの反省があったり。
 語られるベールさんの廃神伝説があったり。
f:id:jikaseimiso:20170224014001j:plain
 …まあつまり、オンラインゲームはほどほどにしとけ、という話ですな。
 そのハズなのにEDソングでは「ログアウトしないで」などという歌詞が出てくる(苦笑)
f:id:jikaseimiso:20170224014019j:plain



 まだ続く。

ぎゃる☆がん だぶるぴーす(PS4版)

PS4

 ※あまりいい話はしていません。注意。





 ぎゃる☆がん だぶるぴーすという積みゲーをプレイしました。
 家庭用ゲーム機ではPS4とVITA版があり、PS4のほうです。
 あまり面白くなくて、プレイは途中で打ち切りました。
 もうすぐ、ぎゃる☆がん だぶるぴーす ばいりんぎゃる という完全版兼英語バージョン付きの廉価版が発売になるので、その前に消化しちゃおうと。
 ばいりんぎゃるねぇ。よく英語圏でこのソフトの販売OKになったもんだ。海外はエロに厳しいからねえ。そのかわりグロ大好き。

 どういうゲームかというと、一人称のレールシューティングです。
 勝手にステージが進んでいくので、FPSのように自由には動けません。ここが一番残念。時代遅れもいいところ。
 いまや日本でもFPSが人気ジャンルになっており、それに美少女が加わったらバカ売れするような気がするのですが、これはFPSじゃないのです。
 FPSのように自分の操作で走り回るゲームが当たり前になってしまった私にとって、このゲームはまったくつまらないゲームでした。
f:id:jikaseimiso:20170221210422j:plain
 勝手に進行する中、行く手を遮るように登場する敵(女の子)を眼力で打ち抜いて絶頂させて倒していくゲームです。
 眼力なのでリロードはなし。弾数制限もなし。
 女の子をズームすることで制服が透けて見えたりする。
 女の子それぞれで弱点部位があって、そこを撃てば一撃で倒せる。
 敵をまとめて一掃する能力などもあり。
 生徒手帳やコスチュームアイテムなどの収集要素もあり。勝手にステージ進んでいくので集めるのが大変だけど。
 SNSで依頼されるミニクエスト要素もアリ。
 主人公にステータスがあって、スポーツマンや知性派など好みのタイプから選んでスタートできる。ステータス次第では会話パートで選べない選択肢などがある。購買アイテムでステータスを上げることが可能。

 ストーリー。
 見習い天使のミスで一日限定のモテ期になってしまった主人公。
 この一日が過ぎると以後、人生でモテることは無くなってしまう。永遠に独身。
 というわけで、この一日で生涯のパートナーを見つけて結ばれるように頑張るしかない。
 見習い天使が与えてくれた能力で邪魔(告白)しにくるモブの女の子を倒しつつ、ヒロイン(幼なじみ)たちと仲を深めていくのです。
 というお話。

 天使、悪魔だのが出てくる話で、ヒロインは悪魔祓い士の家系だったりする。
 姉妹でその悪魔祓いの力に差があって、それが原因でうんぬんかんぬん。
 まあどうでもいいや。




 ダブルピース。
f:id:jikaseimiso:20170221210523j:plain
 某しまむらさんのダブルピースは至高なのですが、このゲームのは品が無いようにしか感じられない。

f:id:jikaseimiso:20170221210644j:plain
f:id:jikaseimiso:20170221210658j:plain
 悪魔に操られているヒロインを解放するためいろいろやるシーン。
 こすって耐えろとか言われる。こすったら逆効果じゃね?(意味深)
 ちなみにこするのはコントローラーのタッチパネルをこすれということです。VITAならおそらく画面をこするんでしょうね。
f:id:jikaseimiso:20170221210858j:plain
 別のイベント。フュージョンしているわけではない。
 このイベントはタッチパネルボタンの連打を要求してきます。ガンガン連打してるんだけど、回数のカウント全然増えない。焦ってさらにつよく連打したらコントローラーからメキィって音がした…。勘弁して。もうちょっと連打しやすいボタンにできなかったものか。

f:id:jikaseimiso:20170221211130j:plain
 ヒロインとも戦います。悪魔祓い士さすがやわー。ミサイルランチャーすごいですね。

f:id:jikaseimiso:20170221211245j:plain
 ボス戦触手。私は触手の良さがわかりません。



 本当にこのゲームつまらなくて、感想も適当になってしまった。
 なにもフォローできない。
 私は普段から「おっぱいがー」とか「女の子がかわうぃー」とかアホな事を書いているような人間なのですが、このゲームに関してはそういうのも出てこない。あまりにゲーム部分がつまらなくて心が完全に冷え込んでいる。ヒロイン可愛いと思うけど、そう書いてフォローする気にもならないくらい面白くなかった。
 苦しいです。評価しないでください。

四女神オンライン 感想3

PS4 ロールプレイング コンパイルハート

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com
 四女神オンライン、神器が四つそろったところまで。
f:id:jikaseimiso:20170218000817j:plain
 …なんか大体の感想は前回書いてしまったような気がします。
 いつものネプテューヌと違うのはダンジョンMAPが旧シリーズからの使いまわしではなくなったってことかな。

 メインストーリーはギルドのクエストを消化していけば進んでいく。
 ギルドのクエストに関しては何体退治・何個納品がほとんど。いまのところストーリーのあるサブクエストは無い。なんか寂しいゲームになってます。
f:id:jikaseimiso:20170218001222j:plain
 天王星うずめやピーシェなんかも登場するのですが、いまのところ仲間に加わるようなことはなし。うーん。
f:id:jikaseimiso:20170218001535j:plain
 相変わらずウザったい姫&従者。特に姫がひどい。ベールさんにも妹選ぶ権利あるんですよ。誰でもいいわけではない。

 ネプテューヌシリーズといえば、初代の敵がマジェコンヌというマジコンをモチーフにしたキャラクターが敵のボスでした。
 他、ゲーム業界の闇的な存在がシリーズではボスにされていく感じでしたね。アタリショックとか、課金アプリ会社ネタとか、転載アフィブロガーとか。
 今回登場してきたボス。
 その名は
f:id:jikaseimiso:20170218001205j:plain
f:id:jikaseimiso:20170218000911j:plain
 チーター。
 「こんなんビーターどころやない! チーターや! ただのチーターや!」
 動物のチーターとチートツールを使う違反プレイヤー"チーター"をかけたモンスター。

 オンラインRPGも闇が深いところがあるんですが、チート行為をするキャラクターが四女神オンラインにも出てきまして。これがその末路の姿です。
f:id:jikaseimiso:20170218001110j:plain
 こいつが結構強かった。攻撃頻度がすごくて。ノワールが何回か死にかけてました。AIに回復やらせてたら多分戦闘不能になってたと思う。 
f:id:jikaseimiso:20170218001020j:plain
 なにこのチート撲滅キャンペーン。すごい面白そう。
f:id:jikaseimiso:20170218001240j:plain
f:id:jikaseimiso:20170218001432j:plain
 GMに報告済みだからな。おまえらアカBAN決定的。


 ノワール新コスチューム。
f:id:jikaseimiso:20170218001656j:plain
 はいてない…かも。



 次回
jikaseimiso.hatenablog.com

かまいたちの夜 輪廻彩声 感想1

PS VITA アドベンチャー/ノベルゲー

 あのかまいたちの夜5pb.の手でリメイク! ハードはPS VITA!
 登場人物のシルエットから萌え絵に変更し、音声付!
 という話が出て賛否…どっちかというと否の意見多めでちょっと叩かれていたのが11月頃?
 その話はこの時(今年3月まで発売のソフトに関して)にちょっと書いた。

 購入予定ではなかったのですが、いろいろあって結局買ってしまいました。
 なじみのゲームショップに行ったらなじみの店員に「売れないだろうから買ってくれ」と泣きつかれたのです。
 「来週ニーアの予約してるじゃん。予算的にこれは買えないわ」と突っぱねたら「ニーアキャンセルしてもいいから!」などと言い出す始末。どうも、私がキャンセルしようがニーアは間違いなく売れるから、ということらしい。
 「このゲームはお前みたいなのじゃないと買ってくれないんだよ」ということらしい。なんかね、発売日(昨日)に1本も売れなかったらしい。まだあわてるような時間じゃないと思うけど…。
 「ヒロインのおっぱい大きいよ!」などと苦し紛れに彼は言っていた…。

 …

 というわけで、ヒロインのおっpp…もとい、新しく生まれ変わったかまいたちの夜を、まあ試してみようじゃん、ということで買わされ…買ったわけです。 


 かまいたちの夜は名作サウンドノベル
 メインストーリーは吹雪で閉ざされた雪山の山荘…クローズドサークルで起こる殺人事件に関して推理するもの。
 それ故に、私もSFCの原版はコンプリートするまでクリアしたし、PS移植版も何度もプレイした。
 本編がベタ移植なら、ほぼすべてワカっているわけで。
 難なく、ミステリー編のパッヒーエンドに到達。これは誰も死なないルート。ただし主人公は骨折する。
f:id:jikaseimiso:20170217165404j:plain
 その後はA Novelという選択肢なしのアナザーストーリーをプレイ。




 ノベル系ギャルゲーに慣れている5pb.だけあってシステムログだのメッセージスキップだの、その辺のシステムはそつない感じ。
 BGMは旧作と同じ。いい感じ。
 萌え絵に関しては今のところ、特に悪いとは感じていません。
 この時代、SFC版発売当初を知らない若い世代に積極的にプレイしてもらうには、シルエットよりも萌え絵のほうがいいのかもしれない。あ…でもこれCERO Zだわ。しゅ、主人公は大学生だから、きっと大学生以上を対象にしたリメイクなんだよ、きっと。うん。

 ヒロインのおっぱい!おっぱい!
f:id:jikaseimiso:20170217161812j:plain
 なんか、おおかみかくしの朝霧かなめちゃんを思い出すな。
 谷間強調とかね。俺はあっさりとおっぱいに釣られる人間だからイイネ!としか言えん。世の中には微妙なおっぱいもあるんだけど、これは割といいおっぱい。
f:id:jikaseimiso:20170217162522j:plain
 みどりさんは年齢不詳っていうか、童顔すぎないかな。
f:id:jikaseimiso:20170217162157j:plain
 OL三人組の一人、北野啓子。ちょっと原版に比べるとぽっちゃり度が下がった印象。
 ちなみに隣に映ってる子は可奈子ちゃんというんだけど、むしろ啓子ちゃんがかな子やろ?(錯乱)
f:id:jikaseimiso:20170217162900j:plain
 でたよ、香山さんの勧誘。のっちゃおうかな? のっちゃう? どうしようかな(にやにや)
f:id:jikaseimiso:20170217163322j:plain
 ぼくは美樹本。フリーのカメラマンさ。※犯人です。


 声がついたという訳で、声優さんはみんないい演技だと思う。
 
 ストーリーに関して。
 旧作のファンということで、旧作のシナリオはほぼ記憶しているわけで。
 話自体に新鮮味はない。
 かまいたちの夜をはじめてプレイする方にはいいかもしれない。
 でも把握している私にとっては絵や声優の演技、新しい演出を楽しむことに比重がおかれる。
 まだキャラの死亡エンドとか見ていないので、そういった…おそらくグロ要素がどんな感じなのか。スパイ編や幽霊編がどうなるのか。演出を楽しみにプレイを続けていきます。

 A Novel
f:id:jikaseimiso:20170217165932j:plain
 選択肢なしで読み進めていくもの。
 時計に関してヒントが割と出てくるので犯人が誰かわかりやすかったです。
f:id:jikaseimiso:20170217172444j:plain



 続く

四女神オンライン 感想2

PS4 コンパイルハート アクション ロールプレイング

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com

 四女神オンライン、2番目の神器ゲットまで。

 このゲーム、オンラインRPGっぽく作ってはありますけどいろいろと残念というか、要素が足りないというか…。
 どうやらあくまでパーティ組んで「一狩り行こうぜ!」的な、RPGというより狩りゲーですね、これ。
 オンラインも4人で部屋作って参加するタイプですし。まだオンはやってませんけど。
 職人系とかそういうのはなし。アイエフとコンパちゃんが一応職人系やって店出してるけど、プレイアブルキャラでそういうスキルを持たせることはできないっぽい。
f:id:jikaseimiso:20170215023034j:plain
 街も行き先を選択するいつものネプテューヌ系。
 いまのところ覚えているスキルも基本攻撃系スキル。物理か魔法かでわかれている。オンRPGのように、タンク(盾)なら敵のヘイトを集めるスキルとかそういうものがいまのところない。
 本的にみんなで殴る系。物理で殴るか魔法で殴るか。
 味方のAIは個別で設定できない?っぽくて、「ブランは回復重視」とかできない。深刻なダメージを受けていてもAIの回復が遅いことが多い。
 そのため回復スキルもちのキャラクターを操作するのが安定する。
 基本的に回復できるベールさん、ブラン、ネプテューヌを操作しています。そもそもAIキャラはジャストガード(被ダメージ0にして反撃する)ができないのかする気が無いのか…。
 あと嫌なのはマンドラゴラ系の地面に埋まっている植物タイプのモンスター。こいつ、出てくるとすぐに自爆します。その自爆ダメージがかなりデカイ。数回の戦闘不能はすべてコイツによる。
 画像の白く光ってるのが自爆中のマンドラゴラ。
f:id:jikaseimiso:20170215023142j:plain
 ボス敵も基本的にブレイクしてダウンしたところをガンガン殴るだけ。
f:id:jikaseimiso:20170215023433j:plain
 いまのところ蘇生手段がまだないので、戦闘不能が出るたびにプレイを打ち切って街に帰還。ちょっと理不尽。
f:id:jikaseimiso:20170215023314j:plain
 ヤムチャみたいな倒れ方をしているネプテューヌ
 恒例の女神化もなく、覚醒も能力が上がるだけで地味。
 なんというか、ただ敵を殴ってストーリーを進めているだけの、作業チックなゲーム感が強い…。
 オンラインRPGというか、協力プレイ要素がついたネプテューヌという感じかな。

 ローアングルカメラのイベント。
f:id:jikaseimiso:20170215023650j:plain
 このイベントのとおり、ビューモードというカメラを割と自由に動かせるモードあり。
f:id:jikaseimiso:20170215023706j:plain
 妹キャラも登場しました。
f:id:jikaseimiso:20170215023720j:plain
 …なんかキモい姫と従者キャラも…。FF11でもこんな人がいたな。ここまでひどくはなかったけど。
f:id:jikaseimiso:20170215023742j:plain

 やっぱり盛ってた!(笑)
f:id:jikaseimiso:20170215023612j:plain 
 
 オンラインRPGあるある。
f:id:jikaseimiso:20170215023635j:plain
 勝手にやりすぎる前衛にブチ切れる後衛。主にヒーラー。

 神器ゲット後、ブーケちゃんが不調になったところで今回は終了。
f:id:jikaseimiso:20170215023755j:plain



 次回
jikaseimiso.hatenablog.com

四女神オンライン 感想1

PS4 アクション ロールプレイング コンパイルハート

 ようやく四女神オンラインが到着したのでプレイ開始。
 世間では佐●が悪評ふんぷんなのですが、黒■もやらかすときはやらかすんだなぁ。荷物が行方不明とか言われた時にはどうすんの? って思ったけど無事に見つかって届いて良かったよ。
 俺VSコンパイルハート 第18弾。
 とりあえずプレイ1時間の感想。



 いきなりギガパッチが。
 ちょっと確認したんだけど、パッチ抜きの容量は4GBいってなかった。Fate/EXTLLAの3GB未満よりはあるけど、PS4のソフトでこの容量はボリュームに不安がある。
 パッチとあわせて7GBちょっと。
 てか、ソフトとほぼ同容量ってどんなパッチなんだよ、これ。
 でもってメーカーロゴでタムソフトが出てきたので不安になる。



 不安的中。
f:id:jikaseimiso:20170213004546j:plain
 ネプテューヌVⅡよりもあきらかに劣る3Dモデリング。超次元アクションのモデルに近い印象。
 ネプテューヌの外伝作品はハズレだらけの法則というのがありまして、これももしかしたら…。
 ま、まだまだ始まったばかりだし。
 大丈夫。のはずだ。きっと。たぶん。

  
 

 ゲーム内容としてはネプテューヌの世界に存在するオンラインゲーム、四女神オンラインをネプテューヌたちがプレイする、というもの。
 あくまでゲーム内アバターなので本来のネプテューヌたちとはいろいろ違います。ノワールが槍装備だったりね。
f:id:jikaseimiso:20170213004625j:plain
 ブランちゃん、ちょっとアバターの胸盛ってない?
 某高盛さんみたいに露骨に大きくじゃなくて、つつましやかに盛ってる感じ。ブランは賢いからなあ。
 いろいろと確認。
f:id:jikaseimiso:20170213004646j:plain
f:id:jikaseimiso:20170213004700j:plain
f:id:jikaseimiso:20170213004714j:plain
 ミニスカート最高!





 戦闘のチュートリアルなんかをしつつ始まりの街を目指す。
f:id:jikaseimiso:20170213004738j:plain
 ボスと戦ったり色々。
f:id:jikaseimiso:20170213004806j:plain
f:id:jikaseimiso:20170213004826j:plain
 ベールさんの妹欲しい病が深刻化してる…。標的は重要NPCのブーケちゃん。
 ブランには新しい妹でそうなんですけどね。スイッチちゃん。



 次回
jikaseimiso.hatenablog.com

蒼き革命のヴァルキュリア(PS4版) その8(完)

PS4 ロールプレイング 感想まとめ

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com

 クリアした蒼き革命のヴァルキュリア。ゲームとしての感想なんかを。
f:id:jikaseimiso:20170212130449j:plain
 どうもこのゲーム、めっちゃくちゃに叩かれているような状況らしいので、私は精一杯擁護していこうと思っています。
 いいところもあるんやで。
 ちなみに私はシリーズ前作の戦場のヴァルキュリアPS3版を数年前に途中までプレイ済みです。


 いいところ。

 声優が良い。
 アニメ好きや美声が好きな方にはとてもウレシイ、豪華なキャスティングになっていると思われます。
 演技力が確かな声優さんがそろっているので、フルボイスのイベントシーンが売りのゲームとしては大変良いことかと。
 
 あと、ストーリーがそこそこいい。
 割と好きなお話でした。
 復讐だ! 復讐してやる! → でも仲間の兵たちは死んでいく…先生も助けられない。復讐は正しいのか? → ユトランドの未来のために。復讐も完遂してやる! → 戦勝後、ユトランドが列強との覇権争いに進展しないよう、戦争の罪あることないこと全部かぶって処刑されるお。
 うん。まあ良かったと思う。
 
 …

 他にいいところは…

 声優が良いのです! 大事な事なので二度書きます!

 他に…

 声優が良いのです! 声優が良いのです! 大事な事なので何度でも(以下略

 


 はい。というわけで気が乗らないのですが、ここからは微妙だった部分を挙げていこうかと。 





 グラフィック微妙。
 人物に関しては表情のパターンが少な目に感じました。感情を激しく出すキャラクターが少なかったからそう感じたのかもしれませんけどね。
 なぜか肌色が濃いピンク色に見えるシーンがある。特に女スパイの胸元。

 イベントシーン。
 声優のフルボイスでイベントが流れていく…のはいいのですが。
 一つ一つの台詞を飛ばせない。早送りできない。
 一応スキップ機能はあるのですが、シーン毎にスキップするので使うと重要な会話を見逃したりする。
 でもって、このイベントシーンが長い。プレイ時間の5割くらいはイベントシーンなんじゃない?
 もうちょっとうまくやれなかったのか。

 ヴァナルガンドの隊員が戦死した場合、一部のイベント表示が変わるらしいんだけど普通にプレイしていて戦死者は出なかったので不明。

 コミュニティ。
 主にキャラクターを掘り下げる短めのイベント。
 おそらく章ごとにキャラクターの出撃回数なんかが条件で開放されるのだと思う。
 ヴァナルガンド女子回だけ全部見た。他は歯抜け状態。男キャラほとんど使わなかったからなあ。
 全部見ようと思うと、全キャラで相応の出撃回数をカウントしないと無理っぽい。

 DLCイベントは特典のヴァナルガンド結成と姫はらぺこのみ購入。
 追加コンテンツの割にどうでもいいお話だった。





 ショップ。
 支配地域により販売物が変わる。
 それはいいけど、ショップでは何一つ買わなかった。
 ラグナイトはミッション報酬でもっといいのが入手できるし、BDU(部隊共通の防具)は一回作ってそれっきりだった。
 ラグナイトのかけら交換は要するにガチャ。別にリアルマネーは関係ないんだけど、ハズレを引くとガックリくる。
 回復アイテムなどの物資が有料販売。最前線で戦う特殊部隊・精鋭部隊なのに物資に金をとられる。そんな馬鹿な。傭兵とかじゃなくて正規の軍なんだぞ。いくら小国で経済封鎖されていたっていっても…。
 回復アイテムなんかはミッションに持ち込み個数の制限があるので、金取るんじゃなくて毎回一定数自動補充にすればいいのに。
 物資補給ではラグナアンプル(RP…いわゆるマジックポイントの回復アイテム)を数個くらいしか買わなかった。

 サイドアーム強化。
 大罪人の仲間の一人、バジルが経営する工場で新しいサイドアームを作れる。ストーリーの章が進むたびに強力なものを作れるようになる。
 が…金をとられる。
 おい、バジル。俺とおまえは仲間だよなぁ! しかもストーリーの中でバジルが「金は俺がいくらでも工面する」的な事を言っている。にも関わらず金をとられる。おいバジル。
 上のショップのところでも書いたけど、いくらなんでも正規部隊の装備を自費で購入するってのはおかしい。バジルのような金を工面できる立場の仲間だっているのに。
 だからこのゲーム、金の概念はいらなかったんじゃないかな。章が進むたびに勝手にバジルがサイドアームを強化してくれるって流れでも良かった気がする。

 咒構武器の強化。
 これもバジルの工場で強化。
 FF10の成長要素と似た感じ。要するにスフィア盤方式。
f:id:jikaseimiso:20170212130524j:plain
 たくさんマスがあって強化済みのマスの隣接したマスを次に強化できるようになる。
 強化には所持しているラグナイトを消費して強化経験値を満たす必要がある。
 これも少しわかりにくい。具体的にどのラグナイトでどれくらい経験値入るのかが。ランクが高くて追加能力が付与されているものほど数値がいいのはわかるけど。
 そして普通にプレイしていると十分強化できるのはせいぜいが四キャラ程度。それ以上のキャラを強化しようと思うとめちゃくちゃラグナイトの稼ぎプレイが必要。
 アムレートは主人公だけあって強制出撃が多いので彼の強化を優先で間違いはない。次がオフィーリア。

 ラグナイトに関して。
 これを咒構武器にセットすることによって魔法じみたパワー、スキルを発揮する。
 ランクの高いものほど威力や性能が高くなるわけですが。
 その分消費RPも多くなる。なので、ランクの低いものを連発した方が効率的には良く感じることもある。

 ラグナイトのかけらに関して。
 集めたかけらを軍本部でラグナイトに交換してもらうことが可能。なのだが、ガチャ形式。なにが出るかわからんぞい。
 このゲーム、金の代わりにラグナイトのかけらの方を通貨っぽくしたほうが良かったかも。世界観的に。





 戦闘に関して。

 ルーシ帝国のある兵士はユトランドのヴァナルガンド部隊の戦いぶりをこう語った。
 「ありゃバケモノの集団ですわ。
 たった四人で戦場に突っ込んできて、ひたすら暴れまわるんですわ。
 中にはドレスやヘソ出しの女の子なんかもいるんだが、見た目に惑わされちゃあいけません。
 地雷を踏もうが大砲が直撃しようが、倒れることなく暴れまわるんです。土嚢があっても隠れるなんてしないんです。
 そんで、強力なグレネードを放り、ロケットランチャーをぶっ放す。恐ろしいことに自分や仲間が範囲にいても、平気でグレネードを投げるんですわ。ありゃ狂ってる。
 増援に来てくれた部隊にもすかさずロケット弾が飛んでいくんです。
 咒機兵相手には密着して、剣や槍で狂ったようにガンガン殴り続けて破壊しておりました。どうなってんねん。
 挙句の果てには雷を降らしたり、隕石を落としたり地震を起こしたりと、魔法のような攻撃を仕掛けてくる。
 そんなバケモノどもなんで、最初はやる気があった帝国兵も震えあがり、あっという間に戦意喪失で腰砕けですわ。
 連中はそんな弱った兵士にも容赦なく武器を振りおろし、グレネードを投げ、爆発させとりましたわ。
 そのさまは悪鬼の集団でした。
 だからルーシでは悪いことをした子供を叱りつけるときにはこう言って脅かすのです。
 『悪いことするとヴァナルガンドが殺しに来るぞ』って」

 
 このくだりは私が勝手に書いたものですが、だいたい戦闘はこんな感じになる。
 序章体験版のときは突っ込んでいって通常攻撃で勝てたけど、本編はそれだけでは無理。てか面白くもない。
 敵が4、5人くらい固まって出てくることが多いので、範囲を攻撃できるグレネードとロケットランチャーが便利なのです。操作キャラクターを切り替えてグレネード、ロケランを撃ち続けるのです。一度に複数を倒すと近くにいる敵が戦意喪失状態になって弱くなるのでそれも目的の一つです。
f:id:jikaseimiso:20170212130614j:plain
f:id:jikaseimiso:20170212130621j:plain
 隊員全員の装備をフラググレネードとロケランに変更。姫様だろうとロケラン担いで出撃です。
 制作側はこんな意図で設計したわけではないんでしょうけど、爆発物大盛りで暴れまわるとバカゲーっぽくて悪くないんです。
 悪い点として書いていますが、こんな感じにアホみたいに大暴れする戦闘は割と楽しいです。これでもう少し無双チックにすれば悪いとは書かないんだけど。すべてが中途半端なので。
 地雷は支援兵なら解除できるし銃で撃てば爆破解除できるのですが、けっこう無理やり突破しています。踏むとダメージと硬直です。戦ヴァルだと、対戦車兵以外は即ダウンしてた記憶がありますが蒼ヴァルだとダメージで済みます。
 敵の増援。これが結構出てくるのですが、登場してから頭上にHPバーが表示されるまでは完全無敵状態なので、それまで攻撃は控えないといけない。地味に面倒くさい。
 咒機。ロボット相手にも張り付いてガッツンガッツン近接戦をするのが楽。軽咒機は足とか本体とかまだるっこいこと考えずにとにかく殴る。重咒機は部位破壊とかかったるいことはいいからとにかく腹のラグナイトコアを殴る。それでOK
 ラグナイトでのスキル・魔法。突撃兵のバスター系を好んで使っていました。他には範囲系の攻撃魔法。とにかく武器を強化して装備できる属性値をあげて、なるべく範囲の広いやつをつける。
f:id:jikaseimiso:20170212130556j:plain
 この戦い方だと範囲を一気に攻撃するというコンセプト。もう開き直って無双系のゲームにしたほうが面白かっただろうなあ。

 あくまでこれは私がプレイしたらこんな感じになったという話。土嚢や草むらに隠れているより、派手に動いて敵を驚かせたり戦意喪失させたほうが楽だと思う。
 好みにより土嚢にしゃがんでチマチマとライフルでヘッドショットするのもいいんじゃないかとは思う。時間かかるけど。
 サイドウェポンは弾数少ないのでライフルでばかり戦えないんですけどね。狙撃銃なんて3発しか弾もってない。ロケランと同じ弾数ならロケラン選ぶわ。
 サイドウェポンといえば、マシンガンという武器もあるのですが、発射音が「ペチペチペチ」という感じで滑稽なものだった。デモペチノガモットカワイイヨ。マシンガン二度と使うことはなかった。

 兵種は突撃兵のキャラが好き。通常攻撃もいいダメージで扱いやすい。次がアイテムを効率よく使える支援兵。装甲兵は器用貧乏に感じ、偵察兵は手数が多いが弱い印象があった。
 味方のAIは基本的に馬鹿。マニフェストで多少の改善は効くけどそれでも馬鹿。AIが操作しているアムレートを観察してるとバリバリ前衛設定にしてるのにガードしてよたよた歩いてることが多い。お前突撃兵だぞ、攻撃せんかい。 
 操作キャラの切り替えがとても大事。そんで爆発物祭りするのです!

 どうでもいいことなんだけど、戦闘中姫様のドレスはやめてほしかった。




 戦闘ミッションにかんしては、ストーリー上のものとフリーのミッション、そして遭遇戦・防衛戦がある。
 フリーのミッションは要するに「これでレべルあげしてください」というもの。チャプター毎にレベル設定が違うけど同じようなミッションがよく出てくる。
 ストーリーミッションだけのクリアだと、そのうちストーリーの推奨レベルに足りなくなってくる。
 遭遇戦・防衛戦は戦略マップ上で帝国とユトランドの軍が争っているところに加勢しに行くというもの。この遭遇戦・防衛戦が複数同時に発生することがある。
 これが複数同時に発生するという事は、一か所の援護に行ってる間に別の場所でユトランド軍が負けて、占領されることがあるってこと。これけっこう理不尽に感じた。
 ストーリー上で敵が「アヴァルーネを返してもらおうか」などと語っているんだけど、その前の遭遇戦ですでにアヴァルーネは帝国の領地になってたりする。もうお返ししてるんですけど…(小声)
 領地が減ると首都の店の商品が少なくなります。店で買い物なんてしなかったけど。
 遭遇戦やフリーミッションでは時間経過で夜になると、ヴァルキュリアが出現する可能性があるのですが、夜になる前に終わるので出会うことはなかった。
 
 



 ボス戦。
 四将はそれぞれ専用の重咒機に搭乗して挑んできます。

 グスタフの空中艦は、空を飛ぶだけあって遠隔攻撃や咒術じゃないと攻撃が届かない時間がある。降下してきても近接攻撃当てに行くと風圧でズルズルとノックバックされたりとやりにくい。
 空を飛ぶ敵ということでやな予感があったけど、それが当たってしまった。戦闘中はとにかくイライラした。サイドアームとRP(咒術を使うためのポイント)が切れると、しばらくやれることがなくなるから。

 次の四将の…名前忘れたわ。あいつの蛇は途中で回復しているのを目撃した。ただでさえボスは固いのに…。

 四将最後の砦、ギルーシュの重咒機には即死級の範囲攻撃があり、初回のプレイではそれで全滅。アースバーストって技が表示されたら逃げるんやで!
f:id:jikaseimiso:20170212130710j:plain
 このギルーシュのステージは「敵の砦まで」のステージとA班による「敵の砲台1機目の破壊」とB班による「敵の砲台2機目の破壊」にわかれていて、最後にボス戦。
 ステージが無駄に長いのでやり直しはガックリきた。さらに、A班B班でわかれるので、いつも使ってないろくに成長してないサブメンバーまで出撃しなくちゃならないので、攻略が大変なのだ。
 リトライ1回目。
 なぜかギルーシュの咒機のHPが0なのに、いつまでたっても戦闘が終わらない。なにこれ!? バグ? バグなの?
 さらにリトライ2回目。
 なぜかギルーシュの咒機のHPが0なのに、いつまでたっても戦闘が終わらない。おい、これどうすんだよ。なんかやんなきゃ進まないのか? オイィ!
 リトライ3回目。
 ギルーシュの咒機のHPが0になると同時にクリア。上の2回はなんだったのよ。
 リトライするたびに長いステージをやりなおすことになり、リトライ2回目からは敵を無視してひたすら走るゲームとなった。ダークソウルとかのRTA(リアルタイムアタック)動画なんかにある、敵の横をすり抜けて走っていくラグビーみたいなゲームになった。
 あとギルーシュの咒機は戦闘スタイルを何度か変えるのですが、そのたびにカットインが挟まるので、これも微妙にイラっときた。

 マクシム。
 生身のくせに異様に固い。おかしいだろ、こいつも。マクシムのアレは固いってことか!?

 ヴァルキュリア。
f:id:jikaseimiso:20170212130722j:plain
 弱点属性のチェンジ、多彩な攻撃方法と、このゲームのボスキャラでは一番楽しいボスだったりする。
 マクシム同様、固いけどね。おっぱいが固いのは納得できない。
 グレネードとロケランが普通にダメージ通る。




 細かい不満。
f:id:jikaseimiso:20170212130246j:plain
 咒機に関して。
 戦闘訓練で、敵から鹵獲した咒機(バジルが改良した)と戦うシーンがあるわけで。
 絶対、中盤から咒機兵のキャラクターが追加になると思っていたのですが、そんなものはなかった。
 それどころかユトランド軍で咒機を開発して実戦配備とかそういう流れがあると思ったのですが、そんなこともなかった。
 戦ヴァルで戦車兵がいた(主人公)ので蒼ヴァルでもそれに相当するキャラが出ると思ったのですが…。

 


 100点満点で50点。
 世間での評価がクソミソなのは戦場のヴァルキュリアのリブート作品であるからだと思われる。新規タイトルのゲームならここまでは叩かれなかっただろう。
 戦ヴァルのあの戦闘システムはとても面白かった。あれを無くして作ったのがこのシステムだもんだから非難轟々なわけで。
 まあ普通のアクションRPGとして見ても、戦闘システムはよろしくない部類。攻撃の待機時間ありで待機中は回避やガードを無限にできるとかそういうのじゃなくて、スタミナ制にしてその範囲で自由に行動できる。それくらいにしてはじめて普通レベルに楽しめるのがアクションRPGというジャンルだと思う。
 私は早めに爆発物バカゲーと割り切って暴れまわるプレイスタイルで遊んだから、そこまでつまらないとは言わない。
 良い部分でも書いたけど、ストーリーはまあまあ良かったと思うし。
 ヴァルキュリアではなく、あくまで死神キャラとしてタイトルから「ヴァルキュリア」をとっぱらっちゃえばここまで叩かれなかったと思う。蒼き革命の死神。それでも駄作認定はされたと思うけどね。
 ヴァルキュリアシリーズでないと売れないだろうからそうしたんだろうけど。だったら戦闘システムをここまで崩さずに、戦ヴァルの改良・発展系を考えれば良かったのに。
 開発陣は戦場のヴァルキュリアがなぜ高い評価を受けていたのか、ちゃんと理解していたんだろうか?
 ヴァルキュリアシリーズの黒歴史…いや蒼歴史かな。蒼ヴァルの次回作はなさそう。
 次があったとしても、戦ヴァルの改良型になるでしょうね。…もどして!