読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

アーシャのアトリエ 黄昏の大地の錬金術士 その2(完)

PS3 ロールプレイング 感想まとめ

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com


 ※12/7本日より1か月間、ソフィーのアトリエがPSPlusフリープレイ枠に入りました。
 アトリエに興味がある方はプレイしてみるのもいいかもしれません。アトリエ初心者向けのタイトルです。おすすめ!



 本題のアーシャのアトリエをクリア。
f:id:jikaseimiso:20161207211741j:plain
 今一つって感じでした…。
 100点満点で65点くらい。

 ※以下、感想は愚痴っぽいので注意。





 調合システムが個人的にわかりにくかった。今でもちゃんとわかってない。
 続編のエスカ&ロジーやシャリーは非常にわかりやすいシステムだった。
 理解ができてないせいで、強いアイテムや装備の強化がちゃんとできておらず、ボス戦ではかなり苦労した。
 アーランド三部作、エスカ&ロジーPlusやシャリーやソフィー、フィリスとやってきましたが、アーシャが全滅回数がダントツで多かった。
 
 時間制限のあるアトリエ作品なのですが、あるアイテムを調合することで移動時間がぐっと短縮できるようになる。
 そのことに気が付くのにかなりかかってしまったので、ストーリー上のラスボスにたどり着くまでだいぶかかってしまった。
 ラスボスクリア後にもまだやることがあるのですが、それらをやる時間は残されていませんでした。ラスボスよりも強い敵と戦うことになるしね…。
 やっぱり、時間制限系のアトリエ作品って、周回プレイ前提という感じがあってあまり好きじゃないですね。一回プレイして、イベント発生の流れを把握して次の周回でコンプリートするとかね。そういう設計はあまり好きではないですね。
 なにがいいたいというと、一周でコンプできるソフィーのアトリエは最高だった、ということです。さすソフ! 完全にソフィー信者と化したおっさんは、アトリエ作品を見る目がソフィー基準になってしまっているのです。

 ストーリーに関してもいろいろ言いたい。
 なんとかニオを助け出しました。
 ラスボスの名前はイグドラシルイグドラシル絶対許さねぇ! などと叫びながらカチコミアームズにいって倒したのですが。
 で…このイグドラシルって結局なんなのよ?
 と、はてなブックマークがうかびまくった状態でゲームクリアまでいった。
 ラスボスの正体がわからない。エスカ&ロジーとかシャリーを先に遊んでいたので、なんとなく旧文明(錬金術が盛んで繁栄していた時代)のシステムがやらかしてるんだろうな、というのはわかってはいるのですが。
 そのため、クリア後にネット検索して調べてみたらいろいろとイベントを見逃していたことに気が付いた。
 キースグリフ関連のイベントやってないと敵の正体とかぜんぜん話題にでずに終わるのね、これ。ただ最後に倒すだけのボスって感じで。
 男キャラをパーティに入れるという事自体、私は想定していなかったので、キースのイベントほとんど発生せず、ラスボスの正体わからないまま倒していました。
 これからプレイする人で、ストーリーちゃんと把握したい人はキースグリフのおっさんをパーティにいれてイベント起こしましょうね。パーティ枠3人のうちの一人におっさん入れないといけないとか…。エスカロジーやシャリーみたいに6人編成ならまだやりようはあるのに。

 アトリエ伝統の「たーる!」がない!
 と、半狂乱に…なってはいないけど、そんな些細なところに不満を抱いてプレイしていたのですが。
 ニオ救出後、アーシャのアトリエのたるだけは調べられることに気が付いた。なんで限定要素になっているのでしょうかね。
f:id:jikaseimiso:20161207211509j:plain

 お金が無い!
 お金稼ぎにくい。気球買って破産。しかもその気球も、海を越えるた採取地への移動にしか使えないという…。
 ただしウィルベルのイベントで風の王と戦うために気球は必須っぽい。…風の王倒せなかったけど。
 シャリーの時にウィルベルは「水の王」相手に今までのやつらとは違いすぎるってビビっていろいろ漏らして敵前逃亡していたけど、水の王が一番チョロかった。
 エスカロジーの火の王にも勝てなかったし、この風の王もすぐ逃げていくので無理だった。

 アーシャのアトリエはニオを助けて終了ということになりました。
f:id:jikaseimiso:20161207210950j:plain
 それ以上のキャラクター毎のイベントは無理でした。
 ラスボスの正体も自分でプレイした分ではわからなかった(よその動画やサイトで把握したが)
 という残念な結果に終わりました。
 とりあえずシャリーのアトリエPlusをプレイするための予習にはなりました。

 不満ばっかり書いている気がしますが、ゲームとして一定のクオリティはあるし、キャラクターイベントも面白いものが多かった。
 プレイしていて十分面白いゲームではあったとは思います。
 先にプレイした後継作品と比べてしまうので厳しい書き方になってしまいました。

 


f:id:jikaseimiso:20161207211847j:plain
 ニオかわ。
 そういえば来年、コーエーテクモから仁王というゲームがでるらしい。もしかしたらニオにもゲスト出演のチャンスが…。

f:id:jikaseimiso:20161207211939j:plain
 ラスボス戦のMVPはリンカでした。

f:id:jikaseimiso:20161207212006j:plain
 中ボスのフォートレス。
 ですが、こいつラスボスよりも強かった印象があります。
 こいつで10回くらい全滅した。爆弾とかいろいろ作り直してようやく、ギリギリで勝利。

f:id:jikaseimiso:20161207212110j:plain
 ポンコツオートマタ、オディーリア。
 これだから虫歯になるんです。

アイドルマスターシンデレラガールズ 第24回 デレステMASTERがんばらない編

アイドルマスターシンデレラガールズ

 アイドルマスターシンデレラガールズ音ゲー、スターライトステージ!
 ちょこちょこプレイしています。
 そして、いままで難易度PROをクリアするのが精いっぱいだった私ですが、なんと! なんと!
f:id:jikaseimiso:20161201221823j:plain
 MASTERクリア。


  
 私みたいな音ゲー苦手な人間でもMASTERはクリアできまぁす!
 そのコツは、がんばらないこと。
f:id:jikaseimiso:20161201221614j:plain
 いつもガンバリマスな島村卯月
 そんな彼女ががんばるのをやめた結果。
f:id:jikaseimiso:20161201221636j:plain
 MASTERクリア。
 PERFECT 0
 GREAT 0
 NICE 0
 BAD 0
 MISS 492
 スコア 0

 画面を触る必要はなかった。
 それでもクリアはクリアなのです。MV解放なのです、やったー!

 で、ここまでくればデレステをプレイしている人にはお分かりだと思いますが。
 ダメージガードという特技をもったアイドルを編成した結果がこれです。
f:id:jikaseimiso:20161201221704j:plain
 ダメージガードの特技が発動中はBADやMISSでもダメージは食らわない!
 ただしこの特技をもったアイドルのみで編成したところで、特技が発動しない時間も当然出てくるので、MASTERだとその隙に死んだりします。
 ちなみにこの実験中に2回死んで大人の力を使いました(ジュエル割った)

 なぜこんな作戦を思いついたかというと、ジュエルが2500溜まったのでガチャったらダメージガードが3人も出たので。残りの一人はもっと前にガチャで入手済みでした。特に好みでもないアイドルだったので、チェックもせずに置いておいていたのです。
 今回のガチャで出たアイドルをチェックしてたら「ダメージガード? ファッ!? ダメージガード!? これMASTERいけるやん! ダメージガード!」と、ダメージガードを連呼する人間になってしまった。
 手元にいるダメージガード要員は4人なので、最後の一人はライフ回復スキルもちの「あの子」SRを入れてMASTER攻略開始。
 でもやってみたら「あの子」は全然スキル発動してくれない。あまりに発動率が悪いので、最後の一人は誰でもいいやという結論の元いろいろとっかえひっかえ遊ぶことにした。
 なんだろうな。私個人としては「あの子」は別段好きなキャラでもなかったから、それを霊感高そうな「あの子」が感じ取ってスキル発動を渋っていたのだろうか。スキルレベル6までせっかくあげたのに。
 ちなみに「あの子」のシングル曲も好みじゃなかったりします。
 好きなアイドルや楽曲と苦手な…はっきり言うと好きじゃないキャラなどに関してはそのうち別枠で書こうかな、と思っています。そんなの書いたらいろいろ言われそうだけど。やっぱり人間好き嫌いってあるもんですから。

 というわけで、いまはMV鑑賞を楽しんでいます。
 いろんなアイドルのいろんな表情があっていいですね。
 とか書いてたら新イベントが始まってた。イベントのポイントで15000で美嘉が手に入る! これはやるしか…やるしかない!




 以下、MV鑑賞いろいろ。

f:id:jikaseimiso:20161201221906j:plain
 ラブランコによるラブレター。ラブラブライカ、ラブラブランコ(意味不明)

f:id:jikaseimiso:20161201222025j:plain
 川島さんのカメラ目線はなぜか笑ってしまいます。

f:id:jikaseimiso:20161201222142j:plain
 ハイファイデイズ。左から26歳、28、31、34、推定30代の高齢…大人ユニット。

f:id:jikaseimiso:20161201222333j:plain
 知性派ユニットによる純情Midnight 他のメンツは橘ありす、大石泉、八神マキノ、古澤頼子。

f:id:jikaseimiso:20161201222859j:plain
 荒猛怒!

f:id:jikaseimiso:20161201222939j:plain
 ミツボシ、なのでしてー。

f:id:jikaseimiso:20161201223017j:plain
 姉御によるチュチュチュチュワww

f:id:jikaseimiso:20161201223052j:plain
 Hotel Moonsideはお気に入りの曲。

f:id:jikaseimiso:20161201223122j:plain
 儚さのかけらもない薄荷。

f:id:jikaseimiso:20161201223143j:plain
 北条加蓮で、毒茸伝説。きっとみんなやると思う。

f:id:jikaseimiso:20161201223229j:plain
 独占!独占!独占!独占! …て、三船さんがやるとすごく重く感じる…。

アーシャのアトリエ 黄昏の大地の錬金術士 その1

PS3 ロールプレイング

 続編のエスカ&ロジーのアトリエPlus感想
jikaseimiso.hatenablog.com


 さらに続編。シャリーのアトリエ感想
jikaseimiso.hatenablog.com



 積みゲーアーシャのアトリエをプレイ開始。
f:id:jikaseimiso:20161130012322j:plain
 ガストのアトリエシリーズ。黄昏世界の一作目です。
 追加要素込のPS VITA版 アーシャのアトリエPlusも好評発売中ですが、これはPS3版です。
 今年はこれとシャリーPlusをクリアして、アトリエ系の積みゲーを無くしてしまう予定。
 最近、アトリエばっかりやってる気がするけど、いまはアトリエな気分なんだ(謎)
 
 黄昏…ゆるやかに滅びに向かっている世界を舞台に錬金術士が大暴れ! なアイテム調合RPG
 アーシャの続編であるエスカ&ロジーPlusとシャリーのアトリエはクリア済み。
 なので、なんとなく大まかなストーリーと結末は知っていたりします。
 薬士の少女アーシャが神隠しにあった妹・ニオを捜索して救出するストーリー。
 続編で語られているのは、どうやらその過程でアーシャは遺跡を破壊して指名手配されているってこと。
 この作品をプレイすることによってより詳しく知ることができるはず。
 黄昏世界の完結編・シャリーPlusにはアーシャも登場するのでプレイしておくのは悪いことではない。

 期限は3年!
 それを過ぎるとニオは…。

 というわけなので、やっぱり焦る。
 調合やマップ移動、採取でどんどん過ぎ去っていく日数を見て焦る。
 無駄にマップを出入りしてしまったり、戦闘不能になってボロボロになって出直したり…。
 黄昏編はアトリエとしての難易度は低目だけど(エスカ&ロジー、シャリーの経験による)はやくも期限切れBAD ENDが脳裏に浮かぶ…。

 戦闘はうまいことポジション取りしてバックアタックで大ダメージを狙うのが基本かな。
f:id:jikaseimiso:20161130012251j:plain
 エスカ&ロジーやシャリーはメインだけでなくサブのメンバー6人で入れ替わり立ち代わりで戦うシステムだったけど、アーシャは3人パーティ固定っぽい。
 例によって仲間の行動に合わせて追撃したり、敵に狙われた仲間の盾になったりといろいろ。
 敗北すると事案風。
f:id:jikaseimiso:20161130012309j:plain
 エスカの敗北シーンも事案風だったな、そういえば。

 調合…。
 に関しては正直わからない(笑)
 黄昏編の調合ってこんなかんじだったっけ? まだ錬金術スキルも満足にないので調合の感想はまた今度。
 調合したアイテムを店に登録するのは普通にできる。アイテムの種類ごとに別の店への登録だけど。フィリスはなぜこれをなくしたんだろう。

 主人公のアーシャ。
 かわいい…というより美少女というイメージ。
f:id:jikaseimiso:20161130012336j:plain
 ピョンと出ている前髪を眉毛と見間違えてしまって、いつも困り眉に見えてしまう。
 シリーズの後継作を先にやっているため、おなじみのキャラもいたりする。
 それでもいろいろと印象が違ったり。
f:id:jikaseimiso:20161130012357j:plain
 ウィルベルがウィルベルちゃんだしね。幼い。成長しても胸は幼いままだけど。
f:id:jikaseimiso:20161130012409j:plain
 リンカは変わらないけど、マリオンはやっぱり若い。続編でも若いけどさ。
 キース氏は相変わらずの塩対応。でもそのうちデレるんでしょ。わかってるんですよ。
 ハリー氏も相変わらずの変人。でもやっぱり商売人としては有能なんですね。
 オディーリアはポンコツオートマタ。



 はたしてアーシャはニオを救い出すことができるのか。



 次回
jikaseimiso.hatenablog.com

積みゲーとか年末のソフトとかのお話

 実は今、うちのゲームハードたちは重大な危機に直面しています。
 なにかというと、




 本体ストレージの容量圧迫です。




 Vitaは本体と一緒に購入した16GBのメモリが残り1GB未満。
 Vitaに関しては前々からわかっていたので、ソフィー・フィリスのアトリエ作品はPS4版を購入した。
 PS4はHDが残り35GBくらい。35GBも余ってるじゃん^^ と余裕ぶっていたらソフトのバーションアップパッチがなぜか「容量不足」ということでダウンロードできなくなった。おそらく50GBくらいの空きがないとダウンロード機能がかからないような設計になっているのかと思う。ちゃんと調べてないけど。
 XBOX ONEは残り10GB これが一番やばい。
 Xbox360は250GBのHDで残り50GBくらい。まだ余裕はある。
 PS3はロクに使ってないので80GBでもスッカスカ。全然余裕。

 一番やばいのがダウンロードすらできなくなったPS4なので、インストールして放置していたキルゾーンシャドーフォールというつまらないゲームを急遽消化し、本体から削除した。これによりダウンロードができるようになった。
 Xbox oneに関しては意味不明な容量のHaloマスターチーフコレクションを削除した。難点はまたプレイしたいと思った場合、やはり意味不明な容量のギガパッチを当てなおさなくてはならないという事。現在の私の回線を考えると、正直マスターチーフコレクションはもうやれないかな、と。光回線入れられればいいんですけど家庭の事情がね。
 PS4はまだ容量が怪しいので、近いうちにアンチャーテッドなどを消化する予定。…予定がうまくいったためしがないけど。


 話は変わって、年末の新作ゲームラッシュに関して。
 今のところ購入予定はデッドライジング4のみ。

 たとえば本日発売されたFF15
 これは今買ったところでプレイできないのでスルー。情報もよく調べていないです。
 イケメンホストファンタジーとか言われているようなんですが…。個人的にはそれでもいいんじゃないかと。
 気になるのが、ほんとにイケメン四人のみのパーティなのかということ。
 女性キャラはパーティインしないの? 最初から最後までホスト4人なのか? そこが今後購入するかどうかの判断材料になる。
 どうせ隣の市のGE●がいつものように仕入を失敗して3か月後くらいにはワゴンに入ってるだろうから、プレイするのはどのみち来年かな…。

 ウォッチドッグス2は前作をまだ積んでいるので。
 大鷲トリコは特別興味なし。やっと出るんだ、くらい。評判良かったらそのうちやってみるかな。
 ディスオナード2 ううむ。…うううむ…。
 龍が如く6 5がいまいちでそれ以降の0、極はやってない。たぶん6もやることはないと思う。6で桐生さんのストーリーが終わるらしい。ほんとでしょうね? 桐生さんそろそろ休ませであげて。
 AKIBA'S BEAT  アクワイアはこのシリーズに社運を賭けたのかもしれない(笑) 初代のPlusバージョンは良かったけど、2は微妙だった。このシリーズももうやることはないと思う。脱衣とかでもう釣られません。
 STEEP  これはちょっと興味あります。UBIのウィンタースポーツゲーム。スノボーがバグってヌノボー(笑)になるのかどうか興味深い。

 年明けは2月と3月が大変そう。
 よるのないくに2が2月にズレた。なんか前作主人公のアーナスの登場が確定になったり、水着衣装が発表になったりで急に興味がわいてきたんですよね。前作の不評に関してはガストも当然知ったうえで開発してるだろうし、これもしかすると買うかもしれない。
 で、ニーアオートマタ、ネプテューヌ四女神オンラインも2月。
 3月には閃乱カグラの水鉄砲バージョンが予定されているという。
 今から楽しみですな。
 


 年末はデッドライジング4だけ。
 でも心配する必要はまったくない。
 ここんところ購入したゲームがまだこんなに未消化なのだから…。
f:id:jikaseimiso:20161127223036j:plain
 まだこんなに未消化なのだから…(大事な事なので2回)

 レコラヴはよく考えたら衣装のDLCが出そろってからプレイしてもいいよね!
 東亰ザナドゥeX+は正直余計だったなあ。なんで買っちゃったかなあ…。
 ベルセリアはまだ周回プレイを頑張る。

キルゾーン シャドーフォール キャンペーン感想

PS4 アクションシューター 感想まとめ

 ※辛口です。

 積みゲーKILLZONE SHADOW FALLのシングルキャンペーンをプレイしました。
f:id:jikaseimiso:20161127215114j:plain
 PS4のロンチタイトルとしてSCE(今はSIEだっけ)から発売されたFPSです。
 SFもので二つの種族の対立・闘争をテーマにした戦争ゲームです。

 なぜ今キルゾーン? というのにはいろいろ事情があるわけです。まあそれはまた別のお話。
 で、キャンペーンをプレイしてみた結果。
 キルゾーンはもういいや。次のシリーズ出てもやりません。
 100点満点で40点。
 つまらなかった。




 良かったところを考えてみると、まずグラフィックかな。
 海外ゲーマーの大好物ジャンルである、FPSなのでそこはかなり気合入れてますね。PS4ですしね。
 次世代機でグラフィックにこだわったゲームはほんとにすごいですね。

 あとは主人公の相棒であるドローンのOWL
 これを駆使して戦うシステム。攻撃や防御、相手のシールドをダウンさせたり、降下用のロープを射出したり、コンピューターのハッキングをしたり。
 OWLの操作に使うタッチパッド操作も不自然なモノではなかった。
 ソニーのゲームなので、PS4の機能を盛り込んだ作品。今回はそれがタッチパッドでした。
 PS3で出たキルゾーン2と3は爆発物仕掛けるのにコントローラーを傾ける操作が必要でしたが、今作はその操作はありませんでした。
 コントローラーはHORIのFPS用パッドを使用していたのですが、タッチは普通に操作できました。買って良かった(HORIのパッドの事ね

 アクションシューターとしては、プレイした感じはごく普通。
 ごく標準的なFPSの操作感、バランスだと感じました。つまり取り立てて良いってわけでもないんですけどね。
 あえて良いというのは、OWL使用を前提としたバランス調整はうまくとれていたかな、という部分です。(標準の難易度で)
 OWLを使うと楽勝、ってわけではなく、OWLを使っていい感じのバランスになっていました。

 ストーリーにおいて、孤児の主人公は復讐にかられた男に育てられた潜入工作員的な存在。
 命令に従い淡々と任務をこなし、あまり感情を出さない戦いの道具みたいな人間なのですが。
 話が進んでいく毎に上司に対して不信感を感じ、ついには命令違反をする。主人公が決断したっていうより、状況に流されたような感じが強かったですけどね。

 
 


 ここからはつまらなかった事を書いていきます。

 ストーリー。
 前作の3から30年…。
 ヘルガストとヴェクタはいつまで対立してるの? たぶんこれからもずっと妥協もなにもできないままドロドロ続けていくんでしょうけど。
 シリーズ作品だから続編のために解決しちゃまずいってのもあるんだろうけどさ。
 殺し合いしていたわけでお互い恨みつらみもあるし、絶対許さねぇってなってるのかもしれませんけどね。何十年たったらお互いに軟化できるのかと。
 そういえばこの地球でも戦争から60年以上たってもいまだに近所の国からグチャグチャと言われている国があるなぁ…。そんな物乞いみたいな国の事はもう突き放せばいいのに律儀に相手しちゃう。いい加減にしときなよって。
 その近所の国がこのキルゾーンと似たようなことになっている。いつまでも民族紛争を解決できずにドロドログッチャグチャヌメヌメヌラヌラビチャビチャと粘着質で不快感たっぷりな敵対関係を続けていくのなんかソックリ。
 ドイツは壁を壊したけど、それができない国もある。キルゾーンの世界もそうなんだろうな。
 そんなことを考えてたらみるみるやる気が無くなった。プレイヤーが頑張っても何一つ解決に向かわない。粘着質でスッキリしないお話がこれからも続くのが明らかだから。
 シャドーフォールでは両陣営に和解の道標的な若い戦後世代のキャラクターが登場するのだけど、その一方は殺されてしまうのでやっぱり解決には向かわないんだろう。続編出したいから。

 キャラクター。
 生理的に受け付けないキャラクターを護衛するシーンが大変苦痛だった。
f:id:jikaseimiso:20161127220110j:plain
 私の目線から見ればあれはマッドサイエンティストであり、護るのは御免こうむりたかった。
 現実に科学とかの探求をしている方とかなら、あのキャラの言い分とかも理解できるのかもしれないけど、私には無理だ。
 あのシーンは宇宙空間のシューティングゲームの仕様も好きではなく、非常にモチベーションが低下した。
 他のキャラクターも…そんなに登場人物出ないけどさ。基本的にまともな性格の人間はほとんどおらず、魅力を感じなかった。戦争による荒廃がここまで人間の心を壊してしまうんだ、という表現としてはいいのかもしれないけれど。
 主人公も後半までエージェントとして任務第一の、戦う機械みたいな感じだったし。
 例のレッドアイマスクをつけて主人公の前に立ちはだかる、一般のヘルガスト兵が一番キャラがたっているというなんとも残念なキャラクターデザイン。

 目的地がわかりにくい。
 ステージ毎に広いフィールドが用意されていて、目的地までいろいろと経路を選んで進行することができるわけなのですが。
 肝心の目的地がよくわからない。
 アイコン表示は一応できるのですが、最終的な目的地だけが表示されるので、迷う人は迷う。
 方向音痴にはつらいゲームになっています。
 オブジェクトも一部わかりにくいものがあります。
 警報を発してる端末とか最初どこにあるのかわからんかった。
 ハッキングすべき小型ドローンがどこにあるのか気が付かなかったり。
 鉄格子を調べろ、と言われて探してみたらダクトの蓋の事だった。
 最近のFPSのキャンペーンにしては不親切。
 そういえばXBOXのHaloシリーズも目的地に関しては意外と不親切だった。変なところを真似しなくてもいいのに。
 プレイ時間の3分の1くらいは迷ってた気がする。マジで。

 鉄道ステージと、終盤の自由落下中の初見殺し。
 メインとサブの武器のうち、メインウェポンは固定で変更できないっぽい? 残念な仕様。

 敵の狙撃手が消える。
 敵のスナイパーに対してエイムすると、すばやく撃たないとスナイパーは突然光のようなエフェクトを出して瞬間移動して逃げます(苦笑)
f:id:jikaseimiso:20161127215950j:plain
 スコープで覗くと…。
f:id:jikaseimiso:20161127220001j:plain
 消える。
 狙われたから逃げるのは当然だけど、その逃げ方はズルいだろ。

 あとはステージを進めるための電池抜き差しゲーがいやだった。
f:id:jikaseimiso:20161127220035j:plain
 1ステージだけならわかるけど、終盤でまた出てきたのは苦笑。終盤の方はどこに差し込んだらいいのかすぐわかるからまだマシだけどさ。




 
 キルゾーンはもういいや。
 もし続編が出るとしたら、グラフィックだけはスゴイんだろうと予想しています。

フィリスのアトリエ 不思議な旅の錬金術士(PS4版) その8(完)

PS4 ロールプレイング 感想まとめ

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com



 フィリスのアトリエ終了。
f:id:jikaseimiso:20161124202835j:plain
 気がつけば全トロフィー獲得。特に意識しているわけではないのにこれなので、トロフィーにこだわる方にはお勧めのソフトかもしれません。
f:id:jikaseimiso:20161124202850j:plain
 前作ソフィーのアトリエの進化・発展型なのでつまらないわけはなく、それなりに楽しめました。
 100点満点で65点。


 上で前作の進化・発展型と書きました。
 ソフィーのアトリエは、アトリエシリーズ初心者向けの入門的な雰囲気のユーザーフレンドリーなソフトで大変楽しめた作品。
 ですが、このフィリスのアトリエは進化系だけあって、入門編から一歩…というか三歩くらい踏み出した感じになっています。
 前作のフレンドリーさは減少して、少し難易度が上がった作品。
 そこがいい、と思うプレイヤーとそうじゃないプレイヤーで評価が大きく分かれそうなゲームでした。
 私はソフィーのほうが好きでしたね。



 良かったのは広大なフィールドを旅するというシステムですね。
 いままでのアトリエは、目的地を選択してその行き先の小さなエリア内で採取や戦闘をするという、省エネ的なマップ探索でした。
 フィリスでは普通のRPGのように広いエリアが用意され、そのエリアを走り回り採取し、戦闘し、探索する。
 ガストの新しい挑戦のように感じました。ドラクエやFFなどのいままでのJRPGでは普通にやってたことですが、毎回低予算で制作している感が強かったアトリエシリーズがここまで頑張るとは。

 あとは女の子のキャラが可愛いこと。
 いろんな街や村を巡る旅なので、名前と個性のあるNPCがいままでのアトリエよりも多いこと。

 戦闘システムは可もなく不可もなく。
 前作とまた違ってますが悪くないです。



 ダメだった部分は…そこそこある。

 上で書いたフィールドマップ。このフィールドマップに関しては特に問題はない。少しフィールド移動時のカメラが微妙な気がするけど。
 問題があったのはあまりに早く時間が経過すること。
 少し走っただけで夜になり、朝になり、また夜が来る。
 まずは1年のうちに錬金術士試験に受からなくてはならないため、この早い昼夜の切り替えにはただひたすら焦燥感を感じた。
 試験までの日数制限に関して、目的地がワールドマップ右下のライゼンベルグであること。1年という大まかな日数であることで、とにかく試験までのプレイは日が経過することに焦り、道に迷うことに焦り、寄り道をしてもいいのかということに焦り…。とにかく焦ることばかりで楽しさはあまりなかった。
 たとえばエスカ&ロジーみたいに第1期目標90日とかそういう目安みたいな表示があると嬉しかった。90日のうちに推薦状を1通入手しろ、とか、180日以内にフルスハイム(中間地点)にたどり着け、とか。

 調合に関して。
 作るアイテム毎に熟練度というものが存在する。
 熟練度がブロンズだと基本的に特性引継ぎ数が0で、作れる個数やアイテムの使用回数も少ない。多少は触媒で補うことができるけど。
 より良いアイテムを作るためには、それぞれのアイテム毎の熟練度を上げるために何度も同じアイテムを作る必要がある。
 まともなモノが作れるのは熟練度シルバーから。いいモノを作ろうと思うとゴールドまで上げる必要がある。
 そのアイテムが別の調合の素材になるようなもの(中和剤やインゴットなど)なら何度も作るのは無駄にはならないのですが、武器や防具だと熟練度上げのため、同じモノの産廃を作り続けることになる。この仕様がイヤで仕方ない。
 この仕様が嫌いだったので、主人公たちの防具はみんな初期の装備である厚手の服にグナーデリング、青銅の盾というおそろいの代物。熟練度あげたのはコレだけ。
 武器に関しては錬金術士パーティだったので、パーティ中3人が同じ杖。プラフタに至っては初期武器のムーンコーリングをメインとサブに二つ装備するという意味不明さで最後までプレイした。
 あと前作よりも調合に時間がかかるアイテムが増えたような気がする。宝石類なんて何日調合してるのかと。
 時間制限有でこの調合時間はやはり焦る。
 アイテムをガンガン釜に突っ込む超弩級錬金。これは面白かった。良いアイデアだと思う。そう何回もやるようなことでもないし。

 クエストに関して。
 バージョンアップ1.03で改善したようなのですが一応書いておきます。
 クエストの目的場所をマップ上にアイコンでチェックできるシステムがあるのですが。
 1.02まではこれがほとんど機能していなかった。今のゲームだと、クエストの目的地とか割と親切にナビしてくれる作品が多いのですが、このゲームはクエストを受けた場所だけ表示されるというものだった。
 たとえば雪だるまの材料を持って来いというクエストがあったのだけど、クエストの目的地を表示してそこに行っても何も起こらない。誰もいない。別の場所が目的地なのだ。
 Ver1.03になってようやく、クエストの目的地がちゃんと表示されるようになった。

 他、前作からの仕様変更で合わなかった部分。
 アトリエの模様替え。…追加コンテナとコルネリア人形以外何を置けというのか。模様替えを楽しむには初期のコンテナの上限数1000は少なすぎる。
 アイテム複製が無くなった。コルネリア人形は使用アイテムの回数補充のみ。
 クエストのとりまとめ的な酒場が無くなった。個人から受けたクエストはその個人に報告しないといけない。日数制限がある状態だと、報告へいく時間に関しても焦る。
 夜間で閉まる店・建物などの待ち時間。
 ライゼンベルグの街の構造。広すぎる上にスッカスカ。なんだあの街。ライゼンベルグの町長はフルスハイムの街に対抗意識メラメラだったけど、フルスハイムのほうが何倍も快適。
 ファストトラベル機能。エリアまたいでのファストトラベルの実装は飛行船を入手してから。LP消費でも一度行ったエリアまたぎくらいはあっても良かった。

 完全に個人的な不満点。
 前作あれだけ苦労した「賢者の石」が錬金術レベル35くらいのレシピに格下げ。(前作では60レベルだった。ソフィーの錬金レベル上限50なのに)
 一部のストーリー・キャラクター。
 試験に失敗するとフィリスは故郷の街に幽閉されることになる。…いくらなんでもひどすぎやしないか? 過保護ってレベルじゃない。フィリスがはじめて雨に打たれて感動していたのとか、ゾッとした。実の娘のフィリスは外に出すのダメでも他人の娘ならいいんですかね?(あるキャラクターのネタバレになるので詳しく書かないが)



 まとめるとアトリエシリーズの初心者から一歩…いや、三歩くらい進みたい方にはオススメ。
 一歩進みたい、という人には厳しい作品だと思います。前作ソフィーと同じように快適に遊べると思うと痛い目見ますので注意。
 これからプレイしようと思っている方で、日数制限のことが気になる方にあえてネタバレしますが。
 中間地点のフルスハイム到着時点で180日(半分)くらいまで日数が残っていればなんとかなると思うので、あまり焦らずプレイしてみてほしいです。私はどんだけ行程があるのかまったく知らず、道に迷いまくり常に焦ってプレイしていましたが、それが楽しさをそぐ結果になった。
 錬金レベルあげとかそれなりにはやっておくこと。
 推薦状はファーヴェ丘陵メッヘン村のディオン、白霧ヶ森ドナ村のオレリー(村長)、フルスハイムの頼りにならないレンさん(竜巻突破後)などから入手可能。この三か所の課題は簡単なのでおすすめ。
 装備は厚手服が作れるようになったら、熟練度を上げてなんとか「全能の力」「全能力超強化」の特性をつける。杖やグナーデリングなどにも全能をつけておく。全能万歳!
 試験対策で「超クオリティ」か「プロの完成度」の特性をつけられる素材を用意しておく。
 これで試験はなんとか乗り切れると思います。そっから先は期限ないので気楽に楽しめます。


f:id:jikaseimiso:20161124203818j:plain
 必殺技のあとのドヤメリアちゃん好き。

f:id:jikaseimiso:20161124203844j:plain
 フィリスは必殺技の後は賢者タイム

 





 ソフィーとプラフタのイベントで、前作の伏線回収。
 前作のラストでソフィーが聞いた謎の声。あれは素材の声だったんですねぇ。
f:id:jikaseimiso:20161124203910j:plain
 でも素材の声のシーン、ソフィーやフィリスが口パクしてるので、実は錬金術士の腹話術の可能性が…。

f:id:jikaseimiso:20161124203934j:plain
 温泉ッッ!! イヤッホゥ!!

 他のキャラクターイベント。
 について語ろうと思ったけど、まだ発売されてひと月もたってないので詳しくは書きません。
 リアーネのお話は割とキツイものがあった。
 オスカーはなんと、前作のオスカーと同一人物でした。ウソやろ…。

 エスカがフィリスの弟子になりましたが、次回作はどうなるんでしょうか。さすがにエスカのアトリエはやらないと思うし。
 ソフィー フィリス と続いたので、次回作は リスなんとかのアトリエになるのかな?
 意表をついてレンのアトリエとかだったら絶対買うわ(笑)

フィリスのアトリエ 不思議な旅の錬金術士(PS4版) その7

PS4 ロールプレイング

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com



 フィリスは錬金術でなにをしたいのか?
 自分のやりたいことを探すために、フィリスは再び旅立つ。
 錬金術士試験はストーリーの折り返し地点でした。
 ここからは1年間の制限がなくなりいろいろと自由にプレイできます。
 空飛ぶホウキを作ったり、空の遺跡に行くために飛行船を作ったり、海の遺跡に行くために水中呼吸アイテムを作ったりいろいろ。
 あとはパーティメンバーとの仲を深めていったり。

 錬金レベルあげで、未調合のアイテムを片っ端から処理していったら謎の陰気そうな男が出現した。
 誰だお前は!?
 と、驚いたのですが、かなーり序盤の方で道具の修理を勝手に依頼して勝手に去って行ったキャラだった。ゲーム内で1年半も忘れてた。このキャラがパーティインするメンバーだった。
 いままでは女性キャラ+オスカーでプレイしていたのですが、ここでようやく男キャラにもまともに向き合うようになった。
 金に余裕ができたので5000円の傭兵も雇った。陰気そうな男(中二病最強厨)と謎の学者も仲間にしたりした。
 金に余裕ができたので20000円の衣装も買った。レオンデザインのやつ。
f:id:jikaseimiso:20161124012013j:plain
f:id:jikaseimiso:20161124012026j:plain
 でも直後にエラー出て落ちた…。
 他には人工太陽で雪原の雪を全部溶かしたりとかなりハチャメチャなことをやらかしているのでした。
 コルネリア人形の登場で、装備している消耗品の道具アイテムの自動補充解禁。…ただし、前作のコルネリア本人よりは当然劣化しており、自動補充のみ。いい特性をつけたアイテムを作っても登録して増やすことはできない。前作ではできたのに…。

 いろいろあって飛行船完成。
 空の遺跡へ出発! …って、これってエスカ&ロジーの未踏遺跡のシチュエーション…。前作の根絶の錬金術といい、この不思議シリーズはほんとに黄昏シリーズの焼き直しなのか? それともガストがアイデア枯渇しつつあるのかな?
 空の遺跡のボス撃破。
f:id:jikaseimiso:20161124012129j:plain
f:id:jikaseimiso:20161124012141j:plain
 プラフタが頑張った。

 1年以上続いたフルスハイムの竜巻はレンさんが消した。
 レンさんといえば、このブログでは頼りにならない錬金術士だと再三書いているのですが、やっぱり頼りにならなかった。
f:id:jikaseimiso:20161124012214j:plain
 竜巻消す道具はイルメリアの作ったレシピだし、材料に竜のウロコが必要と知ったらたちまちガクブル、涙目、冷や汗だらだら、下半身からも汗のようなものをジョロジョロ…というのは嘘だけど、要するにドラゴンは怖いからフィリスに取ってこいと要求。
 竜のウロコは金稼ぎ&経験値稼ぎで何度も倒したドラゴネアというモンスターが落としたのを持っていたのでサックリ解決。ドラゴネアはそんな強くないけどお金もそれなりに落とすのでドラゴネアマラソンした。
f:id:jikaseimiso:20161124012331j:plain
 竜巻の原因は湖底の遺跡になんらかの異変が生じたためらしい。
 レンさんは無理するな、と言ってきたけどフィリスは好奇心から水中呼吸できるアイテム・エアドロップを調合して湖底探検へ。
 そこでフィリスは巨大な水龍のようなモンスターと遭遇。激戦の末に倒す。
f:id:jikaseimiso:20161124012402j:plain
 今度はソフィーが頑張った。

 このドラゴンを倒してフルスハイムに帰還したら、レンさんが異変は湖底の遺跡に封じられたドラゴンのせいだと教えてくれた。その情報遅いよ…。もう倒しちゃったよ。やっぱりレンさんは頼りにならない。
f:id:jikaseimiso:20161124012418j:plain
 そのうえ、勝手に湖底遺跡に行ったことで説教される。やれやれだぜ。

f:id:jikaseimiso:20161124012639j:plain
f:id:jikaseimiso:20161124012548j:plain
 なにかがズレてるレンさん。マジメなキャラのハズなのですが、私個人としては完全に面白キャラです。

 フルスハイムの異変解決のお祝い祭り!
 レンさん、踊る。
f:id:jikaseimiso:20161124012439j:plain
 これが凸レーションですか。
 意外にもレンさんは街の女性に人気らしい。アトリエシリーズって、恋愛描写に慎重っぽくて男女でのそういうのはほとんどない気がする。エスカとロジーくらい?
 女女はあるけど。今作はリアーネおねえちゃんが百合シスコンでヤバイ
 悪いとは言わないけど、不自然な感じもする。



 次回、最終回です。
jikaseimiso.hatenablog.com