読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

Brothers in Arms: Hell's Highway(Xbox360版) 感想

 積みゲーFPS ブラザー イン アームズ ヘルズハイウェイを難易度ビギナーでクリアしました。

 それより上の難易度はかなりの苦行になりそうなのでスルー。毎度のことながらオンラインもスルー。
 シリーズものですが、これが初プレイ。
 100点満点で70点。いい出来です。

 ----------------------------------------------

 良かった点は部隊を指揮できること。
 UBIはゴーストリコンレインボーシックスベガスもですが、チームを指揮するゲームが好きなんでしょうね。
 好きですよ、こういうの。
 UBIは好きなゲーム多い。面白いゲーム作ってると思う。
 主人公は軍曹でアサルト、射撃、機銃、バズーカ、各チームに指示を出すことができる。
 このゲームで思い知ったのが、制圧射撃からの側面攻撃がいかに大事かということ。チャプターごとにチームが限定されてはいますけどね。バズーカチームいないとショボーンってなる。

 敵のチームにアイコンがついていて、赤の時は積極的に撃ってくる。これを制圧射撃で灰色にすると敵が隠れる時間が多くなって回り込みやすくなるシステム。
 隊員たちのセリフも面白い。「なぜ誰も動かない」「回り込めよ」など。
 隊員たちはすぐ死ぬ(主人公も)ので、チームの移動中は主人公が制圧射撃をしてやったりと共闘感がある。

 カバーFPSで、隠れなければガンガン撃たれる。
 ヘッドショットや爆発キルした場合にスローモーで演出が入る場合があるのも面白い。

 戦車(某アニメで有名になったファイアフライ)を操作するシーンの操作性も簡単でいい。
 戦車の操作こだわりすぎなBFシリーズよりずっとシンプルでやりやすかった。

 持ち歩ける弾薬が多めで、補給ポイントもあるので撃ちまくれるのもグッド。

 燃えるアイントホーフェンなど、バンドオブブラザーズみたいなシーンがあった。

 ----------------------------------------------

 よくなかった点はイベントシーンでの音声。
 イベントシーンのドラマが多めなのに、声が小さすぎる。聞こえない。
 せっかくの日本語ローカライズが台無し。ストーリーが頭に入らなかった。
 戦闘シーンの音声はちゃんと聞こえるんだけどなあ。

 フリーズはなかったけど、進行不能になってやり直したシーンがあった。
 トラックを4台破壊した後、本来敵が出てくるところに木の板が打ち付けてあって、そこから先に進めないということがあった。
 やり直したらちゃんと進行できたけど、あれはいったいなんだったんだろう。

 血しぶきがでないので、敵に弾があたってるのかいまいちわかりにくい。
 CEROの基準がほんとに意味不明。

 敵に撃たれているかどうかもいまいちわかりにくい。
 ダメージで画面が赤くなっていくんだけど、え?これあてられてるの? って感じ。
 あれは赤アイコンの敵がいるときにカバーから飛び出すと、自動的にダメージ受けてる判定になるのかなぁ…。これがよくわからなかった。
 他のFPSとかだと明確に、「今撃たれた!」ってわかるんだけどね。

 フラッキーだったかな。オランダ女に惚れて勝手に行動した隊員。
 あいつのせいで主人公2回ほど焼死した。
 軍法会議だとフランキーは銃殺刑ものだと思う。

 ----------------------------------------------

 とにかく面白かった。
 おすすめのFPSです。