積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ -THE END OF SAGA- 感想12

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com

 英雄伝説 閃の軌跡Ⅳ 難易度ナイトメアプレイ中。
 いままではストーリーを追うような話でしたが、今回は全般的な感想なんかについて。
 といっても前回までに書いたかもしれない内容を繰り返しになるかもしれませんが。

 今年は閃Ⅰ・Ⅱ改をプレイしていたわけで、どうにもこのⅣではゲームの進行が遅く感じた。
 簡単な話で、閃Ⅰ・Ⅱ改の目玉機能であったハイスピードモードが良すぎた。
 それに比べると閃Ⅳは遅いのだ。最後まですべての動きがスローモーに感じてしまった。
 戦闘のエフェクトなどは適時カットできるのですが、移動が。
 初回プレイでそんな早く進んでしまうのはもったいない感じがするのですが、二周目以降とかはハイスピードモードを選べる仕様があったら良かった。

 セーブについて。
 イベントシーン以外基本的にどこでもセーブできるのはいままでと同じなのですが、今回はオートセーブ機能もついた。
 ないよりはあるに越したことはないのですが、特に必要とは思えなかった。この手のRPGではサブイベントの取りこぼしなどに気を使うプレイヤーが多いので、セーブはこまめにしているはずなので。 
 繰り返すけど、ないよりあるに越したことはないです。

 ストーリーの進行によって街の人間の配置やイベントに変化があった場合「~の状況が変化しました」というメッセージが表示される。
 マップのショートカット移動の時にも変化があった街やショップなどにNEWのマークがつくので取りこぼしなどが少なくなったのではないかと。
 実際、1プレイで人物ノートは絆イベント以外ほぼ埋まった。いいんじゃないかと。

 これは前に書いたと思うけど、イベントシーンでのキャラクターのアクションがトロい。
f:id:jikaseimiso:20181104215742j:plain
 旧作からそんな感じだった。Ⅲ・Ⅳでキャラクターモデルやグラフィックが進化したため、そういう演出面の進化も期待していたのですが、イベントシーンのアクションはトロい。
 今作は敵も味方もかなりのスゴ腕の剣士だったり達人だったりするのにイベントシーンのアクションがほんとひどい。
 戦闘シーンのクラフトの演出とかは割とキビキビ動くのにね。
 次回作でもそういうところを強化してもらいたい。イベントシーンが長いゲームなので、そういうところはキビキビ動かして短縮してほしい。そのほうがカッコイイし。

 ゲストキャラクターについて。
 空の軌跡零の軌跡のキャラはもとよりいままで敵側だったキャラやお助けキャラ(親父・おばさん枠)のようなキャラクターがごっそり使用できるわけなのですが。
 キャラが多すぎるせいなのか、Sクラフトがないキャラクターがいる。
 それぞれ3Dのクラフトモーション作るのも大変だろうから、わからないでもないのですが。
 ゲストキャラクターの装備・クォーツ縛りは結構きついものがある。断章の感想の時に書いたけど、即死攻撃や状態異常対策とかするべき敵に起用できない。
 アクセサリーかサブマスタークォーツくらいは変更できる仕様が望ましかった。
 シェラザードは非プレイアブル。うーん…。アルカンシェルで見せ場作ったけど。
 われらのリーシャ・マオは登場せず。出てきても良かった気がする。出てきちゃったらシュリの成長シーンが微妙なものになったかもしれないけど。教頭先生は悲しんでいるぞ!
 カシウスが出るならアリオスも出しても良かった気がする。
 このキャラも出してほしかった、を書きだすとキリがないからこの辺でしまいにするけど。

 断章について。
 ボスラッシュの途中でセーブさせろ。
 などと思っていたのですが、二周目プレイでは途中セーブできる仕様になっていた。パッチ改善かな。いいことです。

 攻略対象の女性キャラクターが横一線になった。
 前作Ⅲではアリサ、ラウラ、エマにしか絆イベントの追加選択肢は発生しなかった。新Ⅶの女性陣に対してはあくまで教官としてのスタンスで交流していた。
f:id:jikaseimiso:20181104220106j:plain
 Ⅳは新Ⅶやトワ、アルフィン、エリゼも含めて完全攻略可能という仕様。いいんじゃないかと。フィーちゃんに思い入れがあったプレイヤーにはⅢの展開は寂しかっただろうしね。
 閃シリーズではヒロイン選べますけどそれでもアリサがメインヒロインです、みたいな流れがあったわけですが今回はそれが控えめだった。Ⅳでは前日譚でやることやってたっぽいですけどね(意味深)
 同じようにいままで異様に推されていたトワ先輩も他のキャラと同列の扱いになっていました。
 デュバリィちゃんはまさかのネコと同列扱い。まあこれはしょうがないね。
f:id:jikaseimiso:20181104220036j:plain
 ミリアムは真エンドで復活。攻略対象外。

 男キャラクターが横一銭に…というかひとまとめにされた(笑)

 分校生。
f:id:jikaseimiso:20181104220148j:plain
 それぞれがキャラクター立てつつそれなりに出番有り。機甲兵で戦うシーンとかあっても良かったなあ。
 シドニー、エイダ(本校生)、マヤあたりの今後の関係が気になる。
 フリッツ×カイリきゅんでドロテ先生が新作描きそう。
 
 トールズ卒業生。
f:id:jikaseimiso:20181104220206j:plain
 エミリー先輩かわいい。これだけで満足。テレジアさんは軍人になるのをよくオトンが承知したなあ。ラクロス部は優遇されてる。衝撃的だったのがグランローズ(笑) ヴィンセント頑張れ。
 アラン関係はいろいろ考えることが多かった。正直、この人リィン、アッシュの次くらいに呪いに深くやられたキャラなんじゃないかと。
f:id:jikaseimiso:20181104220220j:plain
 あ、こいつもひどいことになってたわ。ヒューゴの部下のこいつ。

 一般人との会話について。
 軌跡シリーズのみならず、英雄伝説シリーズでは街のモブたちにも名前が設定されていて、そういうキャラとの会話も楽しめるゲームだった。
 でも今作は戦争が迫っているという状況なのでとにかく戦争の話でもちきり。そればっかりで似たような話が多い。仕方ないんだけど、いままでのシリーズに比べると残念。
 Ⅲで演習のたびに出てくるルナちゃん一家はクエストで出てくるけど、出番は削られた。
 そのかわりシャルロットとユタ坊のミニストーリーが良かった。
f:id:jikaseimiso:20181104220327j:plain
 レンちゃんの両親も結構フォローされてました。

 マクバーンについて。
 「異世界転移したら秘密結社最強の炎の魔神だった件」とかいうタイトルでノベル化しそう。

 盟主について。
 …ないとは思うけど、盟主=アリサ説を立ててみた。
 真EDのイベントで彼女はシャロンの事を「死線」でもなく「クルーガー」でもなく、「シャロン」と呼んでいるため。ただそれだけ。理由としては弱すぎるので、無いと思うけど。
f:id:jikaseimiso:20181104220456j:plain
 もうひとつ、マクバーンの件があったし盟主のチラ見せの外見とかもあって、ガガーブの人間というか魔女なのではないかと。
 ガガーブというのは英雄伝説Ⅲ~Ⅴのガガーブトリロジーの世界の事。マクバーンが異世界の出なら盟主も…。なんて考えたけど、まあこれも無いと思う。
 もし盟主の正体がガガーブの魔女…あの人のなれの果てとかだったらファルコムの社長に生卵ぶつけにいくかもしれん。

 軌跡シリーズ次回作について。
 順当に考えれば舞台はカルバード共和国になると思う。
 ただし主人公は結社の執行者、もしくは執行者候補とかの敵側の人間になるのではないかと予想している。今回のラストで結社入りしたアイツではなく。
 これはプレイヤーにも伏せておいて、ゲームのラストで主人公が正面を向いて実は執行者No.××でした! バァーン! 後編へ続く! 的なやり方。ファルコムならしそう。
 そろそろ結社の内情ももっと出しておかないといけない頃合いだと思うんでアリだと思っている。


 次回は戦闘とか他、書きたいことがあったらなんか感想を列挙する予定。
jikaseimiso.hatenablog.com