積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

よるのないくに2 新月の花嫁(PS4版) 感想1

 よるのないくに2をプレイ開始。
 ジャンルはアクションRPG
 ガスト美少女祭りの作品のうちの一つなので、メインに登場する女の子たちは美少女ぞろいでお胸もぷるんぷるんしている模様。
 ストーリーは前作の未来のお話らしい。前作主人公のアーナスが伝説になっているくらいなので。前作の基本ストーリーは前作の感想を参照。
 前作の感想はこちら。
jikaseimiso.hatenablog.com
 今作のストーリーも骨子はおそらく前作と同じ。前作の敵ボスは「夜の君」でしたが今作は「月の女王」と呼ばれる強力な妖魔。
 月の女王を封印するため、生贄として聖女を差し出すという。で、その聖女が主人公アルーシェの学生時代の親友・リリアーナ。アルーシェは親友を生贄にすることは善しとはせず、それ以外の解決方法を探るため探索を始まる…。というお話。
f:id:jikaseimiso:20170831225518j:plain
 ※画像左がリリアーナ、右がアルーシェ。
 アルーシェの立場が教皇庁のエージェント、かつ物語序盤で半妖化してしまうということで、ベースはほぼ前作と一緒ですね。
 もう一人、アルーシェと学生時代の同級生のルーエンハイドというキャラクターが登場するのですが、教皇庁と真逆の立場のルルド教団とやらの所属。この子とリリアーナと熱い三角関係が展開される…と予想。
f:id:jikaseimiso:20170831225609j:plain
 ※画像右がルーエンハイド。
 世界と親友を天秤にかけたストーリーがいま始まる!

 事前情報はほとんど調べずに購乳しました。
 だって美少女達のおっぱいぷるんぷる~ん! なゲームですから!
 アルーシェ、リリアーナ、ルーエンハイド三人とも巨乳…というほどではなく、ほどよいサイズの美乳です。いいね!


 まだチュートリアルの段階なのですが、思ったことを書いてみます。
 前作ではなんかボカされていた教皇庁のお偉方とかが普通に登場。前作ではそこがボカされていた(前作はあくまで主人公とヒロインにスポットを当てていた)のでよくわからなかったのですが、今回はきっちりとそういう部分もやってくれる模様。
 世界観とかもちゃんと教えてくるっぽくて助かる。
 進行はまだ行方不明になったリリアーナを捜索しているところです。

 戦闘に関して。
 アルーシェの基本武器、片手剣。片手剣なのでサクサク動くかと思いきや、コンボの途中で力を溜めるように硬直する場面がたびたびあって、基本武器なのにちょっと扱いが難しく感じました。そのうち慣れるかな。
 リリィ(パートナー)との連携アクションなんかもあるのですが、チュートリアルで次々と説明されるので、なかなかついていくのは大変。これも一つずつ覚えていけば楽しくなるはず。
f:id:jikaseimiso:20170831225828j:plain
 このボタン連打はPS4ならまだしも、VITAだと本体痛めそう。
 従魔がいちいち召喚しなくても普通に出てきてくれるっぽいのは良い変更。ただしどうやら2体までしか連れて歩けない模様。
 この従魔によって道を塞いでいる植物を燃やす能力を持っていたり、剣とは違う武器(槍など)に変形する能力をもっていたりで、連れて行く従魔はよく考えないといけないっぽい。
f:id:jikaseimiso:20170831230245j:plain
 槍のアクションはコンボ中、どの段階からでも回避につなげられる。
 植物を燃やす従魔を外したらその先を探索できなくなった、などということになるかもしれない。
 いろんな武器を試したくても従魔2体制限では思うようにやれないかもしれない。
f:id:jikaseimiso:20170831225924j:plain
 初回特典のプニ。でも上の理由で編成しづらい。鍛えてますから!シュッ!
 従魔は半妖と化したアルーシェと会話できるようになりました。

 成長。
 前作にもあった血の奉納でレベルアップ。
 前作は白い薄い衣装だった奉納シーン、今作はこんな衣装に。
f:id:jikaseimiso:20170831230112j:plain
 B地区が光ってますww
 このレベルアップで様々なスキルを取って強化していく。
 わけなのですが、今のところ探索時間制限が10分しかないので、これを延長するスキルをとりました。

 その他。
 一日を過ごすごとに月齢が変わっていき、新月になるとゲームオーバーになる模様。
f:id:jikaseimiso:20170831230135j:plain
 特定のクエストとかをこなすと月齢が進行するらしい。
 いまいちわからんけど、やらかしてゲームオーバーになる可能性が…。
 本音を言えばこういう制限なしにして、じっくり遊ばせてほしい所。



 次回
jikaseimiso.hatenablog.com