積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

テイルズ オブ ゼスティリアは本当にクソゲーなのか? その3

 前回
jikaseimiso.hatenablog.com


 テイルズ オブ ゼスティリアをプレイ中。
f:id:jikaseimiso:20160612174721j:plain
 真の仲間…ドラゴンニュート戦終了まで。
 今回もストーリーを順々に追っていきます。



 マーリンドの村の穢れを払うわけなんですが、穢れの概念がまたよくわからなくなった。
 盗みを犯して穢れていた人間が、逮捕され法の裁きを受けることにより、心が楽になって穢れが消滅する。というミニイベント。
 この設定だと、仙人クラスの人間じゃないとすぐに穢れるような気がする。憑魔化までいかないとしても、人間穢れまくり。後ろめたい部分とか解決したら穢れが晴れる。
 まあ、そこは納得。でないと、導師がいないと人間の憑魔だらけになるからねぇ。
 マーリンド編では 憑魔ドラゴンパピーを倒そう → 実物を目の前にしてビビって即座に逃走 の流れで呆然とした。お前ら何しに行ったんだよ。
f:id:jikaseimiso:20160612174734j:plain
 結局ドラゴンパピーは村の穢れを払って弱体化させたのち、地上に射ち落として倒しました。

 その直後のボス戦をきっかけにアリーシャがついに、離脱。
 アリーシャ最大の見せ場ッッ!!
f:id:jikaseimiso:20160612174751j:plain
 青です。アイドルマスター如月千早の衣装ですから、青です。
 こんなバカなことを言わなきゃならないくらいツライ出来事です。
 一応、終盤にもう一回パーティインすることは知人に聞いて知っているのですが、ここでアリーシャとはお別れなのです。いつも後ろを走ってついてきていた彼女が…。
 原因は従士契約の反動。
f:id:jikaseimiso:20160612174830j:plain
 アリーシャは導師スレイの従士になることで憑魔を視認して戦うことができたのですが、その契約がスレイの負担になり片目がほとんど見えなくなっていた…と。
 すごい違和感がある流れです。
 スレイが体調悪そうにしている描写は度々あったのですが。
 従士契約の反動ってライラさん説明まったくしてなかったと思うのですけど。エドナもわかってたっぽいけど、そんな察しているような描写はなかったと思うんですけど。
 そもそもアリーシャは常人よりも霊能力が高く才能があったため従士になれたはずなのに、スレイの足枷になるっておかしいでしょ。
f:id:jikaseimiso:20160612174901j:plain
 そしてあっさりと別れすぎ!
 責任を感じてめっちゃつらそうに離脱を進言したアリーシャに対して誰も引き止めることもせず、「今までありがとう」で終わり。
 天族はともかく、スレイってそんな薄情な人間ではなかったと思うんですが。少なくても、ここまでの描写だとスレイってそういうキャラには見えなかったんですが。
 スレイってアリーシャの危機を救うため、そして人間の世界が見たくて天族の里を出てきたはずなのに、いまだに天族に寄った思考のままな感じ。
 せっかく人間の世界に出てきたのに、仲間が天族ばっかり。親しい人間はアリーシャのみ。それがスレイにとってよく作用していないのかも。

 アリーシャとお別れした直後。
 ほんとに直後なんですが。
 ローランス帝国との戦争が勃発!
 それにともない、アリーシャが導師を利用してローランス帝国との密通していたという容疑がかけられ拘束される。もちろん濡れ衣。悪い大臣だちの謀略。
 軍の将軍がスレイに「導師の力で戦争に加担して勝たせろ。そしたらアリーシャを釈放する」と。
 ちょっと悩んだ末にスレイ一行はハイランド王国に加担することを決定し、戦場へ…。
 いやいや、戦場よりもアリーシャ助けに行こうよ!
 「俺が戦えばアリーシャは必ず解放されるんだな?」
 とか確認していますけど、あの大臣が約束守るわけないじゃん、一度戦争に手を貸したらずっとアリーシャを盾に強要してくるに決まってるじゃん。
 それを防ぐには戦争行くよりアリーシャ救出した方がいいと思うんですけど。
 さらには、この戦場編が終わった後スレイ一行はアリーシャの安否確認せずに暗殺者たちと交流しつつ遺跡探索を満喫しています。…なんでやねん! もっと心配しろよ。
 あ、戦場編では一応ラスボスっぽいのが出てきました。でもアリーシャの離脱とか人質とかのインパクトが強くてコイツの印象が薄いです。
f:id:jikaseimiso:20160612175011j:plain
 マーリンド編では傭兵のルーカスというまともな人間キャラが出てきました。スレイを認めてくれた人なのですが。
 が、戦争編でスレイが目の前で導師の力をふるった結果。
f:id:jikaseimiso:20160612175028j:plain
 ああ、怖がらせてしまった…。
 そりゃそうだ、一般人には神依も天族の術も見えないんだもの。



 
 真の仲間登場。
f:id:jikaseimiso:20160612175044j:plain
f:id:jikaseimiso:20160612175052j:plain
 あー…なんかもうウザいです。
 真のヒロイン、ロゼです。つか、真のヒロインだったらもっと美人にデザインできなかったんでしょうか。アリーシャ、ライラ、エドナと女性キャラは美人が続いてきたのに…。
 気さくで明るいムードメーカー的なキャラクターではあるのですが、暗殺ギルドの頭領というもう一つの顔を持っているキャラクターです。
 短剣の二刀流。
 二刀流はいろんな作品でもてはやされるなぁ…。槍のほうが強いけど。
 いきなり神依してるロゼ。…この衣装、アリーシャが着たらすごい映えるような気がしてならない。
f:id:jikaseimiso:20160612175105j:plain
 同じものを見ることができるのが真の仲間。まあ、戦争編のルーカスの件もあってそういう意見が出るのもわかる。
 でもそれじゃスレイが人間の世界に来た意味がないと思うんですがね。
f:id:jikaseimiso:20160612175130j:plain
 ライラさんが一番きっつい気がする。松来さんの優しい声でこの台詞…。
 あとロゼを器にしていた風の天族デゼルも仲間になった。


 



 …アリーシャの扱いがどんどん悪くなってきた。





 次回
jikaseimiso.hatenablog.com