読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

オメガクインテット クリア感想

 前回


 オメガクインテット、ようやくクリア。真エンドです。
 最初からやり直した時間も含めてプレイ時間70時間越えました^^;
 100点満点で…パッチ当ててなければ55点、最新パッチ適用済みで60点。

 -----------------------------------------

 このゲームのいいところはキャラクターのデザインがかわいい事。
 キャラクター重視のゲームでここ重要です。
 イベントなんかの一枚絵とかも可愛いですし、3Dのモデリングもキャラ絵をうまく反映させていていいと思いました。
 戦闘でのハーモニクスからのチェーンスキルフルボッコが爽快。
 あとはライブPVの設定。ダンスの振り付けどころかカメラの動きまで綿密に設定できる。アイマス2のS4Uとはなんだったのかというくらい、ここ頑張っています。

 -----------------------------------------

 良くも悪くもない点。
 戦闘時のアユミ(詩巫女の元締め的なキャラ)の実況。
 状態異常にかかった時に実況で教えてくれるので助かる。
 が、うるさい(笑) ちょっとうるさい。いや、かなりうるさい。

 -----------------------------------------

 ダメに感じた部分は結構ある。

 一部のキャラクターの設定が薄すぎる。キャラゲーのはずなんですけどね。
 へぼヒロイン、優等生、感情欠落、脳筋、腹黒…と、大まかな特徴ははっきりとしてはいるんですけどね。
 一番まずいのは主人公の性格。何事に関してもやる気なし、流されまくりで自分がないかのような性格。
 あの性格はないわー、って思ってプレイしていて、終盤にようやくなぜ主人公があんななのか理由がわかるのですが…理由がわかっててもこいつは好きになれなかった。
 理由がわかってみれば、主人公に関してはうまいことデザインしたんだな、って納得はしましたけど、キャラとして好きになれるかどうかはまったく別なので。

 ストーリー。
 ほぼあってないようなお話。
 中盤までは詩巫女を集めて街を救おうぜ、コンサートしようぜ、って話。
 終盤では、ある理由で離脱した仲間との和解。そして活発化した敵との決戦。
 こんな感じ。
 敵の正体は結局わからずじまい。救われたのは主人公たちの街の周辺のみ。という結末。
 まあ、この結末なら続編作りやすいでしょうね。続編出るかわかりませんけど。
 もう少しだけ深いストーリーを期待していた。

 ダンジョン。
 バリア突破能力や跳躍能力、ハッキング能力が必要な通行止め多すぎ。
 キャラクターの能力をUPすれば通れるのですが、そのたびに同じダンジョンに何度も探索に行くのが心情的にけっこうしんどかった。
 キャラクターの能力UPはサブクエストの報酬。こういうのはメインクエストの報酬にするべき。クリアまでに能力強化必須なので。
 サブクエストの報酬で、どこそこに落し物があった、という情報が得られるのですが、それを取りにまた同じところに探索に行くのが心情的にけっこう以下略。

 シンボルエンカウント
 このゲームは敵のシンボルと接触した時に戦闘になる方式。
 序盤はキャラの足が遅いため、敵シンボルから逃げ切るのがかなり難しい。
 足が速くなる頃には、敵のシンボルが一つの通路に4体とかいてかわすのがほぼ不可能だったりする。
 敵シンボルに感知されなくなる迷彩ブラーというアイテムがあるのですが、これはあくまで感知されなくなるだけ。
 敵が4、5体で通路を塞いでいる場合、迷彩ブラーを使っても通れない。迷彩ブラー使用時は敵シンボルをスリ抜けできる仕様だったらよかったんだけど。
 なんでこんなことを書いているかというと、敵が多すぎるからです^^;
 戦闘でハーモニクス→フルボッコするのは楽しいのですが、さすがにこんだけ敵が多いとげんなりします。
 戦闘に入ってから逃走すると敵シンボルは消滅するので、逃走回数がすごいことになりました。
 さらに、敵シンボルが復活する時間が早いです。レアMAD(モンスター)のPOPの関係もあるので早くしてるんでしょうけどね。

 槍。
 槍の音器スキルに円範囲の技がない。
 まあ円範囲がないのはしょうがないですが、槍なんで縦範囲をもっと広くしてほしかった。
 
 -----------------------------------------

 ラスボス戦は5人で発動する究極チェーンスキル、エターナルクインテットで勝利。

 ラスボス前のイベントで「運命の相手」として5人のヒロインのうちの一人を選択します。
 エンディングでその相手の個別イベントが発生するという流れ。

 街を離れた途端、野外生活に適応できずにポンコツ化したキョウカちゃんEND

 ポンコツ化云々以上に、キョウカちゃんが赤のパンツをはいていることに驚愕。
 この子は絶対青とか黒系の下着だと思ってたのですが…赤とは意外ッ!

 その一方でネネちゃんはサバイバル生活を満喫していた。

 アリアちゃんはイチャコラしておりました。

 要するに3人分のエンディングを確認しました。
 ラストダンジョン3回攻略しました。3回で飽きた…。
 クリア後ではモモカが現役復帰。必ず復帰するとは思ってたのですが、クリア後とは。