積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

土木作業日記2

 前回

 土木作業ですが、今はある現場の下準備的な作業しています。
 下準備なだけあって、今のところ体力的にはなんとかもっています。
 一緒に入った大卒は1日でいなくなりましたけどね。「無理なのに居られても困るからなぁ」と現場監督の一言で終わり。大卒君;;



 厳しいです。
 体力が大丈夫で何が厳しいのかというと、日光です。太陽です。
 幸いなことに作業している地域は気温30度超えるといっても、群馬や埼玉ほどじゃなく、せいぜい最高34度くらいまでしかあがりません。曇りの日で28度くらい。
 最初の一週間はほんとに暑さがきつかった。作業着長袖でヘルメット着用だし。
 ですが、実は暑さそのものは一週間で慣れた。体が勝手に慣れてしまった。気温が高いのは夏なんだから当然だしー、みたいに体が判断しちゃってるのか。

 問題点を繰り返すと、太陽がきついんです。
 気温と太陽光は別。
 気温が高いのは我慢できるようになったのですが、太陽光やばすぎ。
 一か所で仕事してると、太陽光を背中にもろに浴びるのですが。
 熱い! 暑いじゃなくて熱い!
 日光を吸収するような色の服じゃないのに、背中がカチカチ山のごとく熱い。やばい。
 こればっかりは未だに慣れない。
 とにかく現場でやることはまず、日陰の位置を確認すること。
 日影がない現場は…絶望する。マジで。それでも太陽が雲に隠れるとたちまち体感で気温が2度下がったくらいに感じちゃう。

 初日は侮っていて、熱中症対策に800mlの水筒を用意しアクエリアスを入れていったのですがとても足りませんでした。
 途中で500mlのペットボトルを自販機で購入して2回水筒に注ぎ足した。
 スーパーなんかで2l150円のアクエリアスは、自販機では500ml150円です。経済的にも悪すぎるので、初日が終わった後速攻で2lの水筒を買いに行きました。
 二日目は2l水筒のおかげでなんとかなったのですが、アクエリアスを2l飲んでて途中で、ペットボトル症候群(ジュース飲みすぎが原因の糖尿病)という言葉を思い出して、3日目からは水で半分薄めたものを持っていった。

 日光はほんとにきつい。
 日焼けしたところが熱をもって、これがまた暑いので。
 早く夏終わんないかな…。

 

 中途半端な雨もきついです。
 雨=土木はお休み、なイメージが世間的にあるかもしれませんが、雨でも普通にレインウェアを着て仕事します。
 これが動きにくいし、重ね着で余計暑いし、湿度高いしで最悪。
 休みになるのはほんとの大雨か台風クラスの強風、増水で河川がやばいときくらいらしい。
 余計疲れるので中途半端な雨はほんとに勘弁してほしい。



 朝早いです。
 6時に現場の事務所に集合だ、と言われたのですが、6時に行っても誰もいない。
 7時になってやっと現場監督が来る。「6時集合ですよねぇ?」って聞いてみたけど「そうだよ」しか言われない。
 他の作業員が来るのが7時半頃。8時の業務開始までやることは役割分担の確認と安全宣言を監督の前で読み上げるだけ。
 なぜ俺だけ6時なんだよ? 新人だからか? 仮に7時集合だったとしても、8時までほとんどやることないぞ。なんでなんだよ?(真面目に心の底からの疑問)



 休日が少ないです。
 8月は盆休みもあった関係で、盆以外は日曜しか休みありませんでした。
 毎週6日間連続で野外で肉体労働。これしんどいです。疲れが抜けない。
 週の後半、木曜日あたりからは毎日ゼナを飲んでます。
 でも9月は16と23が祝日です。日曜と合わせて月7日も休みがある。やったね^^



 怪我に関して。
 大怪我はしていませんが、小さいけがはたくさんしました。
 不安定な足場で、慣れない長靴でかなりの距離を歩くため、足が豆だらけになりました。
 ハンマーやらの道具をひたすら使う作業で手も豆だらけに。
 木の杭を扱う作業では軍手をしていてもササクレが手に何度も刺さった。破傷風とか怖いです。
 ほかに打ち身や筋肉痛、小さい擦り傷なんかもたくさん。
 でも一番きついのは腱鞘炎です。
 日曜しか休みがないので病院で診断してもらったわけではないのですが、おそらく腱鞘炎です。
 何日かずっとものを握りしめる作業をやっていたせいか、気が付いたら手がおかしくなっていました。
 手のひらも指もなんか痛いし、自分の手じゃないような感覚。握って開く動作にすごい違和感を感じる。
 腱鞘炎の治療で一番いいのは手を休めることらしいのですが、この仕事で手を休める機会なんてありません。
 これどうしよ…。



 今回は土木をやってて辛いことばかり書いていますね。
 続きを書く機会があったら、面白かったこととかも書いてみたいなぁ。今のところ無いけど、そんなこと。