積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

AKIBA'S TRIP PLUS 感想まとめ

 PSPのゲーム、AKIBA'S TRIP PLUSをクリアしました。難易度カジュアル(これがノーマルらしい)
 秋葉原でカゲヤシという吸血鬼と戦うゲームです。
 カゲヤシは日の光を全身に浴びると消滅するので、服を剥ぎ取って戦うという一種のバカゲーですね。

 ゲーム的には龍が如くにちょっと似てる。バトル以外にもいろんなサブクエストや遊び要素があるところが。
 龍が如く英語版タイトルはYAKUZAですが、このゲームはさしずめOTAKUですね。
 AKIBA'S TRIP無印の完全版なのですが、無印は未プレイです。無印はいろいろと仕様がひどかったらしい。つか、完全版商法ですね、私が嫌いな。
 100点満点で70点。
 なかなか面白かったです。ウィザードリィエクス2のソースをまるまる剣と魔法と学園もの。にパクったアクワイアにしては。

 ----------------------------------------------

 ストーリーは3ルートあるのですが、おそらくベストエンドと思われる穏健派ルートのみをクリア。

 別のルートやってる余裕がない。NIROルートは突入するための選択肢が出なかった。
 そういうプレイの仕方だったので、ダブプリとほとんど関わらず終わりました。
 サブミッションは10個くらいしかクリアしていません。サブクエストは期間限定のものがあるんですね。
 上で遊び要素があると書いたのですが、UFOキャッチャーや野球拳、メイド喫茶、妹着せ替えもそんなにやりませんでした。
 駆け足プレイですが、それでもなかなか面白かった。
 脱衣戦闘も面白いのですが、カゲヤシは脱衣すると肌が青くなるので脱がしても微妙…。
 一般人とか脱がすと肌色で萌えるのですがw
 2周目はメインヒロインなどの女キャラクターのモデルで女主人公でプレイができるのもいいんじゃないかと。

 画像はメインヒロインのモデルでの、スタート直後の監禁シーン。



 微妙だったところはキャラのポリゴン。
 店の人はみんな同じ顔、同じ声。町の人たちも同じ顔がそこらじゅうにいる。

 あと、メインキャラクターはほぼフルボイスでしゃべるのですが、主人公の名前を不自然に飛ばして会話するのはどうかと思った。
 テキストでは「今日はせっかく主人公と会えたから」が、
 台詞では「今日はせっかく   と会えたから」って読む。
 そこはキミとかあなたとかお前とかに置き換えようよ…。

 ----------------------------------------------
 
 高難易度や衣服の収集などの要素もあるので、なかなか遊べると思います。秋葉原文化に引かない人にはお勧めのゲームです。