積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

007スカイフォール

 映画 007スカイフォールをレンタルで視聴しました。
 なんかもういろいろとすごかった。
 アクションすごかったし、体力の低下したボンドも驚いた。ダークナイトライジングの時も主人公の衰えには驚いたけどね。
 ヒロインがあの人だったのも驚き。

 最初のシーンで今作のダニエル・クレイグ見た時点で、こんな老けたのか!って思ったけど、それも伏線だった。
 この作品は徹底的に、新しいものと古いもの・若い人と年を取った人を対比させていて、それがテーマだと感じた。
 父の形見のライフルをあっさり投げ捨てて敵の銃を拾ったり、ヒロインの退場シーンでいろいろと考えた。最後の敵を倒したのが投げナイフだったりね。
 ボンドが最新のハイテク携帯を使いこなしていたり(カジノロワイヤルからそうなんだけど)、ハッキング技術の対決があったりと、そういう部分も。
 いろんなところのカメラを映したりと、諜報員という職業に対しての一石も投じているように思った。だけど、やっぱり最前線では人が必要なんだよ、って。
 古いものだってまだまだやれることがあるんだぜ! だけど新しいものに変わっていくのは当然の流れなんだよ、っていう風に受け止めた。そういう意味合いで、あのヒロインが退場することになったんではないかと。
 そういう風に受け止めて視聴しました。
 ヒロイン役の方は、長い間お疲れ様でした、と。

 吹き替えの声優さんが小杉さんじゃなかったんで、これもテーマに沿って変更になったのかな?
 って少し思って調べてみたら、TV版の声優さんだったのでそういうのとは別っぽい。この方のダニエル・クレイグもいいね。
 でもダニエル・クレイグは小杉さんの印象が強いなぁ。あと今回のヒロインの声優さんも変わってたね。悪くはないんだけど…。

 あと出来れば日本語翻訳も例の人から新しい人に変えてほしいなぁ、なんて思ってしまったり。