読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

アサシンクリード リベレーション(Xbox360版) 感想総括

 龍が如く5は届いたのが10日だったんで、もういいや、ってなって積みゲー入りです。5の前に1&2をやるかも。
 ブラックオプス2吹替え版の前にブラックオプス前作やるし。
 で、なにやってたかというとアサシンクリードリベレーションをプレイしてクリアしました。
 オフラインのみプレイ、オフのDLCは後述する理由でやってません。
 100点満点で80点くらい。キモのアクションは前作とほぼ同じなので問題なく楽しめました。



 フリーランでの移動も、キルストリークでの時代劇の殺陣のような滑らかでかっこいい暗殺アクションも、ブラザーフットから引き継いでいて楽しかった。
 追加要素のフックブレードのアクションが面白い。ワイヤー移動にしろ、敵をかわすにしろなかなかいいものです。
 かなり強い敵イェニチェリ(だったっけ)も装備や戦闘を考えさせるようになって面白い部分です。
 爆弾のおかげで暗殺やステルスに幅が出て、違う勢力の敵兵をおびき出して戦わせる、なんてこともできる。地雷埋めたところに敵をおびき出して倒すのなんて、高いところから見てて面白い。アサシン無双以外の楽しみ。
 タカの眼の仕様変更は最初「えー」ってなったけど、慣れたら問題なかった。前までが簡単すぎたのかも。リベ仕様のタカの眼はこれはこれでチートだし。標的が歩いた痕跡まで見つけちゃう。

 ほかにいいところはブラザーフットで嫌だった行ける場所の制限。これがリべレーションでは少なかったこと。
 リベレーションはシーケンス3くらいで、武器庫以外のほとんどのエリアに行けます。これがいい。
 ブラザーフットはエリア境界の近くまで行かないとバリアが見えなかったからさ、リベレーションでは自由にやらせてもらいました。
 シーケンス3くらいでマスターアサシンミッションとか、テンプル騎士団アジト占領とか、アニムスの破片集めとか街の復興とかほとんど終わっちゃってた。
 で、気が付いたらいつのまにかアルタイルの剣とマスターアサシン防具装備してた。店売り防具なんて最初に買った肩当しか使ってません。

 アルタイルを操作できたのが一番うれしかったかな。ぶっちゃけエツィオよりアルタイルのほうが好きなんです。エツィオが嫌いだってわけじゃないけど。
 80歳オーバーでよぼよぼになって、走ったりできなくなってもアルタイルは強い。
 晩年のアルタイル、老齢のエツィオ。それぞれの人生・ストーリーをじじいまでやってくれたのはうれしい。
 あと人物の顔が前作までよりリアルになった。
 


 


 さて、こっから微妙だった部分いきます。

 手配度が上がって発生する、新要素のアジトの防衛。これはつまらん。
 アサシンクリード買う人で、RTSとかタワーディフェンスを期待していた人ってほとんどいないと思うんだ。
 なんか新しいの入れたかったんだろうけど、完全にめんどくさいだけの仕様でした。
 街の拡張するたびに手配度があがる。下げる方法は限られているので街の施設復興のたびに先触れに賄賂渡していました。
 前作までなら手配度上がっても自分が襲われるだけ(チャンバラでどうにでもなる)だから、そこまで気にしなかったんだけど。

 追憶の旅。謎の空間で主観視点で足場を作って移動する謎のパズルステージ。
 複雑なものじゃなくて、2,3回失敗すればどうすればいいのか大体わかってくるんだけど、あの謎の空間が受け付けない。
 通常ステージの街中で収集物集めとかしてるのは、フリーランや景色や市民の声や敵がいてまだ面白いんだけど、これはほんとにおもしろくない。
 失敗が続くとイライラするだけ。デズモンドの過去話の回想っつーか、デズモンドと故郷の関係をここでプレイヤーに解説しようという試みだと思うけど。もうちょいやり方あったんじゃないの?
 こんなの導入するよりもふつうにフリーランでのパズルステージ増やしてほしかったわ。
 追憶の旅2までクリアして放置。
 オフのDLCもこれなんでスルー。これに800MSP払うとかありえないでしょ。

 テンプル騎士団のストーカー。民衆に紛れてエツィオを狙ってきます。
 アサシンを狙う暗殺者を返り討ちにする。こういうのもいいんじゃない? と思ったのは序盤まで。
 こいつね、見つかったらシンクロ解除(要はやり直し)のミッション中にまで出てくるんです。
 アホか、そんなん刺されても刺し返しても騒ぎになって敵に見つかるわ! そんなんが2回くらいあった。出てくる場面もうちょいなんとかならんかったのか。
 こいつ殺すと手配度下がるみたいですが、下げたいときに出てきたことないです。

 アルタイル編の謎のシンクロ解除。
 マシャフから逃げる途中で、息子のそばを走ってるのになぜか息子から離れた扱いになってシンクロ解除になるのが、同じ場面で何回もあった。
 わけわからん。4回目くらいでそのまま進行したんでよかった。

 武器制限。
 せっかく武器いろいろあるのに、特定のミッションでは説明なしに武器が装備できなくなります。
 おもに飛び道具。クロスボウと投げナイフが突然装備できなくなって「え!? どゆこと?」ってなった。
 武器制限はまあいいけど、せめて「〜は使えません」くらいアナウンスしてほしい。

 パラシュート剥奪。
 あるダンジョンに入るとパラシュート全部なくなります。ダンジョンクリアしても戻りません。
 ブラザーフットでもパラシュート使えないダンジョンはあったけど、ダンジョンをでたら元の個数に戻ってたのに。

 魅力あるキャラクターが減った。残念。
 ダ・ヴィンチがいないのが痛すぎる。猪突猛進カテリーナさんとか、嫁はビアンカ派とかも。
 前作の感想でマキャベリは地味、とか書いた気がするけど今回のキャラクター空気過ぎてマキャベリが懐かしい。
 地元のアサシンのリーダーとか皇子とか微妙なんだよなぁ…。
 見どころはソフィアさんの谷間くらい。