積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

6月以降プレイしたゲーム

 退職関係でもめたとか就職決まらんとか入院したとか家探ししてたとか自殺を考えたとか前回書いたわけですが、そんな状況になっててもゲームしてたしレンタルでアニメとか見てました。
 現実逃避でしょうね。
 6月から9月にプレイしたゲームに関してザックリと感想を書いてみます。
 


 すべてXbox360版。

 ・デッドライジング2(現在プレイ中)
 去年8月にプレイした後、放置してたのを再開。
 ケイティ放置してスロット回してたり、サイコと戦ったり人を救助したりして楽しんでいます。そのうちストーリーもちゃんとやる。レベルあがってからね。

 ・円卓の生徒(現在プレイ中)
 ウィザードリィテイストの作品。キャラ自分で作れるわけじゃなくて、固定なんだけど愛着のわくキャラが多くていい感じ。
 地道にやってます。

 ・バイオハザード6(現在プレイ中)
 期待していたのとはちょっと違ってた。困惑しています。

 ・バイオハザード4と5に関してはちょっと前に書いたので省略。両方とも難易度ノーマルのみクリア。それ以上はさすがにやり込む気はなかった。

 ・5月末に書いてるドリームクラブZEROは全キャラハッピーエンドクリアしました。続編?の麻雀ゲームはたぶんやらないです。

 ・バットマンアーカムアサイラム
 巷の評価通り面白かった。日本のキャラゲーもこれくらいやってくれればなあ。
 難易度ノーマルで一周。リドラーチャレンジとコンバットチャレンジは未クリア多し。そのうちまたやりたい。
 格闘が爽快でカッコいい。ナイフとスタンロッドでちょっと苦労した。
 銃持ちをステルスでテイクダウンして、雑魚が慌てるのを見るのが楽しい。ガーゴイル像に爆弾仕掛けられてるところとかはウザったかったが。
 高いところから滑空して降りるのが好き。アサシンクリードのイーグルダイブとは別方向の爽快感がある。
 バットラングだったかな。引っ張るやつ。コントローラーのせいか連打しても反応しない・反応遅いことが多くて指が疲れた。某ボスの背中にひっかけて落とすところで諦めそうになった。
 あと結構道に迷った(苦笑)
 映画、ダークナイトライジングは見れなかった。残念。BDに期待。
 続編のアーカムシティはPS3の廉価版を購入し積んでます。360は国内の本体普及率のせいか廉価にならず残念。今年中にプレイする予定。

 ・キャプテンアメリカ(北米版)
 映画・アベンジャーズ関係で興味を持ってプレイ。海外では微妙評価だったらしいけど、楽しめました。
 3Dアクションで出来はまあ普通といったところ。バットマンほどじゃないけど、これもキャラの特徴を盛り込んでいて格闘やアクロバット、盾の扱いが楽しかった。
 ロボット戦だけめんどくさかったかな。
 英語わからなくても大体やることは理解できます。
 アベンジャーズの映画も見れなかtt

 ・Xブレード。
 微妙すぎるアクションゲー。グラフィックとか微妙すぎる。
 針の床を延々とよけ続けるシーン(一定時間耐えると助けが来る)はいらんかったと思う。
 個人的に低評価。

 ・マブラブ&マブラブオルタネティブ
 エロゲからの移植作品らしい。ありがちなギャルゲーと思ってたら軍隊モノにストーリーが切り替わった。
 ストーリー長い。
 オルタネティブで登場する敵キャラがキモグロいしキャラ死にまくり。
 最後までやったけど、とにかく疲れた。キモグロ敵が画面狭しと出てくるし陰惨なシーンが続くので。
 柏木さんが出てくるたびに修造思い出した。

 ・ファントムブレイカー
 積み格ゲー消化祭りその一。オフのみ。
 必殺技がワンボタンで出るお手軽格ゲーなんだけど、ライフの回復とかがあって一戦が長引く。ラスボスの対空・遠隔攻撃の超反応は吹いたww
 主人公の美琴ちゃんの必殺技(剣で片手突き、個人的に牙突と呼んでた)でゴリ押してCPU戦クリア。トキヤは下段蹴り連打だけでCPU倒せます(笑)
 このゲームの目玉の一つは、シュタインズゲートのヒロイン牧瀬クリスの参戦なんだけど出現条件厳しすぎて諦めた。
 あの出現条件満たすまでプレイするには、このゲーム微妙すぎる…。

 ・鉄拳6
 積み格ゲー消化祭りその二。新品300円で売られてたヤツ。難易度ノーマルのシナリオキャンペーンクリアのみプレイ。
 キャンペーンは3Dアクションなんだけど、格ゲーを無理矢理そうしたせいか、かなり微妙。
 格ゲー部分はほとんどやってません。

 ・BLAZBLUE CS EXTEND
 積み格ゲー消化祭りその三。ブレイブルーシリーズのたびに同じ感想。難しい、奥が深い。
 このゲーム、そこそこ楽しめるレベルまで上達するのに相当時間かかりそう。
 新規参入を諦めさせるかのような複雑さで困る。ネットワークでは相変わらず10とか20とかのコンボ食らってわけわからんうちに負けて早々と諦めた。
 マコトのストーリーモードは良かった。

 ・コールオブデューティ モダンウォーフェア3吹き替え版
 シングルキャンペーンの難易度ノーマルとスペシャルオプスを数面クリア。オン対戦はやってません。
 キャンペーンの展開は相変わらずダイナミック。そしてステルス作戦はあれで敵に気づかれない(笑)
 面白かった。吹き替えがすごい良い。
 でもまさかアイツが死んでしまうなんて…。ユーリも死んだだろうし、老兵だけが生き残ったなぁ。
 タスクフォースの残党(主人公たちのこと)以外にも米軍デルタ部隊視点でもストーリーが進んで行って面白かった。
 潜水艦内部の戦いがきつかった。物陰が怖い。

 ・アーミーオブツー
 リオスで難易度ハードコアをプレイ。セーレムと差異があるのかは不明。
 微妙TPS。ちゃんと狙ってるのに弾があたらないことがよくある。
 敵のAIが賢く、敵が隠れてる周辺に照準を合わせて待ってるとなかなか出てきてくれない。別の敵を狙おうとすると途端に出てきて撃ってくる。難易度ルーキーでも敵の命中率が異様に高い。敵は戦闘エリアを広く使ってくるところも賢い。
 TPS全般だけどブラインドショットが精度高すぎ。キャラには見えてないけどプレイヤーには敵が見えてるからなんですけどね。カバーからBSが安定する。敵もBSでバンバン当ててくる。うーん。
 アグロシステム(目立つ攻撃をしてくる方を敵が狙ってくるというシステム) 威力強化したPKM使ってたので基本的にアグロはほとんど自分に集中していた。ワンマンアーミー。設置型機銃なんかはグレネードで処理し、ライオットも自分でシールド使って殴る方が手っ取りばやくコンビの意味が感じられなかった。
 個人的に微妙ゲームでした。

 ・alone in the dark
 アクションアドベンチャー
 このゲーム、とにかく車のシーンがひどい。とにかく車が滑る、思うように曲がらない。日本車じゃないからだと思われる(これは冗談だけど)
 セントラルパークへ向かって走るシーンは完全に死んで覚えるもので10回以上やり直した。
 蝙蝠タイプの敵から車で逃げるシーンは15回くらいやり直したはず。
 敵の弱点が炎で、アクションよりもいかにして敵を燃やすか考えることのほうが多かった。
 そこまで面白かったわけではないのですが、実績コンプリートしちゃいました。

 ・L.A.Noire
 昨年PS3版でやったものを発売一周年記念でXbox360版で再プレイ。
 DLC全部プレイするつもりでしたが、360は一つ未配信なんですね…。
 実績はニコルソン電気工場の敵運転手射殺以外解除。あの車の運転手狙撃だけ20回やっても無理だった。それ以上やるのは時間の無駄。
 やり直してみるとロイ(風紀課の相棒)に対して憤りを感じた。

 ・ロリポップチェーンソー
 プレミアムエディション購入。でも出血版よりもキラキラ版ののほうでプレイした。ヒロインの音声は日笠陽子のほうが好み。
 ノーマルで一周、バッドエンドでした。ママン…。
 主人公ジュリエットや恋人ニックや家族や師匠、敵とキャラが面白いですね。
 アクションもなかなか良かった。色物ゲームかと思ったら良ゲーでした。時間を置いてハッピーエンド目指してまたプレイしたい。

 ・暁のアマネカと蒼い巨神
 アドベンチャーシミュレーションかな? ダンジョンパートはレンザンをはじめとしたロボットが仲間になるとヌルゲー化する。燃料食うけど。
 終盤の方は完全に学生クラブの力だけではどうにもこうにもならない状況になってしまって、アマネカの組織の介入が大きくなってあまり面白くなかった。サブタイにパシ研ってついてるのに終盤ではパシ研メンバー活躍できず。
 悪い作品ではありませんでした。安く購入したから。

 ・アガレスト戦記 リアピアランス
 闇の勢力と戦うために5世代に渡って血筋を残していくゲーム。ソウルブリードで子作りです。
 と、まあそういうギャルゲー要素の濃いSRPGだけにそれ以外はいろいろと残念な部分が多かった。
 戦闘に入るときのロード時間だけでもがんばってほしかった。

 ・バーチャロンフォース
 ロボットアクション。人気シリーズらしいんだけど、個人的にはいまいち微妙だった。
 たぶん出来はいいゲームなんだと思う。自分にとって微妙だっただけで。