積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

龍が如く

 PS2のゲーム、龍が如くをいまさらプレイ中。

 このシリーズはPS3の3と4をクリア済みで、そっちのほうではサブストーリーと街角のケンカを堪能させてもらいました。
 ぶっちゃけ今の時代で主人公みたいなヤクザ・任侠は極少数でしょう。利権や野心のために裏切ったり寝返ったりする連中のほうが現実味があります。大吾とか城戸ちゃんとかね。
 メインストーリーで前作までの登場人物の関係(上下関係)とかかなり出てきて混乱しつつ、まあ街のチンピラとかヤクザをヒートアクションでボコるのが楽しいからいいや、というプレイをしておりました。
 3と4はそれだけでかなり楽しめました。

 で、その3と4を先にやってしまった人間からしてみるとですね。

 微妙です。
 でもこれ発売当時は面白かったんだろうな〜。
 と思いつつも微妙に感じちゃう。
 後継機種で出た後継作と比較しちゃう自分がオロカだとはわかっているけど、初代はやっぱりすこし足りない感がありますね。
 個人的にはケンカ時、突然敵なんかいない方向に攻撃しちゃったりするのがツライ。
 3,4でもそういう挙動があったけど、ここまでひどくはなかった。
 あとは探索画面から喧嘩画面へのロード時間が微妙に長い。ので、なんとなく絡まれにくい。
 3,4では喜んで絡まれていろんなヒートアクションでチンピラをオモチャにして楽しんだんだけど。

 と、だいぶ前のゲームに余計なお世話なツッコミをチクチクいれてはいるのですが、楽しんでいます。
 続編の3,4で出てきたアイツはここで出たキャラだったのか! という感じで。これはシリーズを順番にプレイしている人にはできない楽しみ方じゃないかと思います。正道ではないですけどね(笑)
 


 今プレイしてるところはたぶんストーリーの真ん中あたりですね。
 3をプレイした時に前作までのストーリーをダイジェストで見たので(3と4には過去のストーリーのダイジェストが入ってた)大まかな話はわかってるんですが。
 主人公・桐生一馬とその周りの人々を巡る物語はハラハラします。
 3,4は桐生の所属していた組絡みのお話でしたが、無印は桐生の孤児院時代からの友人たちのお話重視で桐生さんに共感しやすい。
 あと3,4ではチョイ役だった伊達さんの出番が多くて嬉しいですね。