積みゲー消化とゲームプレイ日記

積みゲー消化の記録

BFBC2【Xbox360版】 自由度DOWN

 今年の目標の一つ、"シリーズもの積みゲーを消化しようキャンペーン"で、BF3はクリアしたので、その前作BFBC2を続けて消化しました。
 そういうわけで、BFBC2バトルフィールド:バッドカンパニー2)のシングルプレイ・キャンペーンをプレイしました。
 オンラインプレイするにはEA(メーカー)の専用パスを追加で購入しなければならないので、オンはしません。(1000円以上する)
 パスはソフトに同梱されているのですが、入力期限が切れていました。期限の日付が奇しくも2011年3月11日…。



 感想ですが、まず難しい。
 難易度ノーマルでやったのですがきつい。死ななかったのは一番最初の日本兵と戦うチャプター(第二次大戦時)のみ。
 BF3と違って「敵が見えない!? どこ? どこなの? あうっ!」ということはなく、ちゃんと敵の姿が視認できるのでストレスにはなりませんでした。
 BF3はなんで敵が見えにくいんだろう…。いまだにわからん。BF3最初の駐車場でさえ敵がよく見えなかった。晴天で明るいステージなのに。
 BC2の話に戻るけど、前作とどっこいどっこいな感じ。進化した部分もあるんだけど、自由度がグッと下がってるしストーリーも微妙。
 まずよくない部分を書いてみる。

 ・伏せられない。
 姿勢は立ちとしゃがみのみ。いまどきのミリタリーFPSで伏せられないのはどうかと(シリーズ最新のBF3では伏せられます)

 ・移動の自由が無くなった。
 前作だと車をかっぱらって移動できたし、歩いて山道を移動しても良かった。作戦エリア外にさえ出なければ移動は自由ってのはすごい良かった。
 BC2だと乗り物シーンがかなり制限されてて、自由に乗り降りできない。
 前作でも戦車で進むイベントシーンはあったけど、砲座につくのもいいし途中で外に出て歩兵として援護してもいいという自由さだった。戦車の修理もできた。
 そして前作よりも作戦エリア外の範囲がわかりにくい。前作は作戦エリア外がマップで赤表示されてわかりやすかったんですが。

 ・特殊武装の自由が少なくなった。
 前作では銃火器以外にC4、修理工具、航空支援ポインタ、砲撃支援ポインタがあって、ある程度自由に使えたのですが。
 今回はC4くらいしか見つけてないです。航空支援用ポインタは完全にイベント専用になってました。

 ・真面目なバッドカンパニー。
 不真面目で悪態をつきつつ、私欲混じりで行動するバッドカンパニー…。
 のはずが今回は真面目に働いてて、前作との差に驚き。金塊が無いからか。
 フリン(ヘリパイロット)が死んだのもビックリ。ラストで、実は生きてたんだ、死ぬかと思った!って出てくるのがバッドカンパニーテイストだと思うんですが。



 逆に前作より良かった所。

 ・グラフィックの進化。

 ・仲間が前作よりは働く。
 前作だと敵が目の前3mにいても棒立ちしてた仲間が、普通に働くようになりました。アテになりませんけどね。

 ・リトライ時はちゃんとチェックポイントからのやり直しになること。
 前作は死んでやり直しの場合でも、倒した敵兵は倒した扱いになるんで、いわゆるゾンビプレイが可能だった。

 ・体力の回復に注射針を刺す必要がなくなった。
 あの操作が前作は余計だった。

 ・装備BOXでいままで手に入れた銃器を自由に取り出せるようになった。

 ・前作はメインウェポンに合わせて、サブウェポンが強制的についてきて困ったんだけど、2では好きな武器を2丁持てる。
 前作はスナイパーライフルのサブウェポンはハンドガン&グレネードで固定だったのです。



 以下、ストーリー・チャプターごとの感想。

 ストーリー全体の感想。
 BF3でも感じたのですが、ストーリーが大きくなりすぎている気がする。CoDモダンウォーフェアシリーズに雰囲気が似てきてる。
 数人の兵士が超活躍で世界や国家を救う的な。BFBC2は超技術の兵器の争奪戦が展開されます。
 BFBCシリーズはそういう大きなストーリーはいらない気がします。前作みたいに、はみだし者部隊が紛争に乗じてこっそり金塊いただいちゃおうぜ、的な話でよかった気がしてならない。
 モダンウォーフェアとBFシリーズは別路線でいってほしいなぁと思った。特にBFBCはシリーズ化するならもっと隊員の欲が絡んだ話にしてほしいなぁ。
 別のゲームだけど、メダルオブオナー(2010)のストーリーは好きだった。あれ最終的な目標は仲間の救出だからね。米軍の無能上官や、誤爆の話もやったのはすごいと思った。俺たちの戦いはまだ続く…的な終わり方はアレだけど。

 チャプター2
 武器を交換しててライトマシンガンとランチャーなしのライフル装備だったので、最後の車のチェイスシーンが厳しかった。
 何回やってもトンネル&ヘリのところで死ぬ。
 仲間がグレポンしろって言ってるけど、ランチャーねーからこの装備。上で書いたけど、車に乗ったら降りられないシーンで武器変えることもできない。(弾薬は無限に補給される)
 4回目のリトライで、なんとか殺される前にLMGでヘリを沈めてクリア。

 チャプター4
 ワイヤートラップは画面暗くて見えないけど、しゃがみながらじりじり進むと解除ボタンのガイドが出るので失敗しないで行けた。
 川に降りるところは、敵がわらわら出てきて大変だった。数人処理して突っ込んだら増援がもっといたという(笑)

 チャプター6
 衛星を守るシーンは骨が折れた。下を来る敵は仲間任せで自分は建物の上のRPG兵だけ撃ってればいいと感じた。
 ヘリは3発くらいロケラン当てないと落とせなかった。衛星の耐久力も合わせてなかなか厳しいミッションだった。
 その次の雪山突破。吹雪で前が見えなくなるのはひどかった。敵だけは的確にこっちを見つけて撃ってくるのもね。

 チャプター7
 乗り物ミッション。戦車と支援ヘリの爆撃操作。
 戦車の操作はBF3と同じ(BF3がBC2と同じと言うべきか)
 戦車同士の戦闘は主砲ぶっこみながら前進してゴリ押した。

 チャプター9
 砂漠ステージ。スナイパーライフル大活躍。
 廃墟の中を進んでいたら、中央の広場みたいなところでヘリと敵歩兵がすごい勢いで撃ってきて4回くらいやり直した。ヘリが去っていく条件わからなかった。
 廃墟のシーンのラストがやばかった。階段から登るとどこからともなく撃ちまくられて、一人倒しては階下に逃げて回復を繰り返した。
 灯台の街の待ち伏せで車壊されたシーンがやばかった。敵のスナイパーにおびえつつ、こっちもスナイプで対処してジリジリ進んだ。持っててよかったスナイパーライフル。

 チャプター10
 最初からクライマックス。小屋での立てこもりで、強制的に手動排莢のスナイパーライフルを渡されるのが嫌だった。
 一発撃つたびに手動排莢なので、あれだけ多数の敵兵の対処には不適切もいいところ。
 すぐそばに装備箱があるんで、まあいいんですけど。
 敵がロケラン、シャッガン撃ちまくりで小屋が倒壊した。敵の数も多いし、ボンボン壁壊れるしで大変だった。
 ヘリに乗って追撃をかわすシーンは、ミニガンでLTズームを癖で使ってたけど、ズーム中はカメラ遅いからしないほうが良かった。敵ヘリなんてズームしなくても当たるし。

 チャプター11
 迫撃砲回避で5回失敗した。砲撃が止んだら走って、しばらくしたら物陰に隠れてじっとする。その繰り返し。
 問題は、物陰に隠れようが木っ端微塵にされることがあるってこと。結構理不尽に感じるんだが…。
 ラストの突っ込んでくる「車を止めろ!」のシーンで、グレラン撃っても轢き殺された。普通の弾丸だったら普通に車止められたという。うーん…。

 チャプター13
 最初のナイフのシーン、もし敵の増援が銃を持ってたらアウトだったぞ(突っ込み)
 機内の通路を進軍する場面、時間かけると横の壁とかも崩れてカバーがなくなるんでとにかく速攻を心がけた。
 ラストを見る限り次回作があるとしたらロシアとの戦争ですかね。
 突っ込みいれると、命令違反したけどがんばって結果出したんだから、休暇ぐらいはやれよと。